1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

36回目の結婚記念日


1980年10月12日に私は妻と結婚しました。もう丸36年経ちました。27歳の時に結婚したので、亡くなった両親との生活よりも妻との生活の方がはるかに長くなりました。私の母親ががんになり、最後にできる親孝行は結婚式に出てもらうという事で、富士銀行系企業に勤める社員を対象とした結婚紹介の会に入会し、妻と知り合って3ヶ月で結婚を決めました。母は結納まで出席できたのですが、残念ながら36年前の結婚式には出席できませんでした。結婚した頃は、私の髪の毛も豊富にありましたし(笑)、体重は今よりちょっと多かったと思います。結婚当時は、キヤノンに勤務していましたが、その後金融業界に転職し、12年前にコーワに入社し今に至っています。コーワに入社した12年前には甲状腺の乳頭がんが見つかり手術もしました(再発もなく順調です)。

36年前に今の姿は全く想像できませんでしたし、金融で6社も経験するようになるとは予想外でした。キヤノンから金融に転職した1986年は、終身雇用が普通で転職がまだ珍しい時代で、「キヤノンで大きな失敗をしたの?」と言われる時代でした。

一番の出来事は、コーワを先代の父から継いだことです。51歳で会社を継ぐというのは珍しいパターンだと思います。今63歳の私は7年後に息子に会社をバトンタッチすると公言しています。中小企業の社長になるという事は、様々なプレッシャーがありますが、社員とその家族を幸せに対する責任があると思うと、身が引き締まりますし、やりがいのある仕事だと思います。

私が若い時に言っていた言葉、「妻の笑顔を見ることが自分にとっての幸せ」でした。今は「妻と家族と社員の笑顔を見ることが自分にとっての幸せ」となりました。「妻と家族と社員の笑顔を見る」ということは、みんなが健康で、会社も継続できて、雇用を維持し、順調に生活できている証だと思うからです。

おまけ
今日は秋晴れの予報で、久しぶりに気持ちの良い1日になりそうです。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1869-37aefb86

PREV | PAGE-SELECT | NEXT