1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白湯を飲んで元気になる?!


あるメルマガにあった記事です。
『昔は子どもの体温は37度近く、大人は36.5~36.8度くらいだったのですが、今日では高い人でも36.2~36.3度、ほとんどの人が35度台だそうです。戦後60年、食生活も随分変わりましたが、病気もまた随分変わりました。そして、食生活と病気を結びつけるカギの1つが実は体温にあったのです。西洋医学、東洋医学に精通されているイシハラクリニック院長、石原結實先生は、体温の低下を憂慮して次のように言っています。
「体温が1度下がると 免疫力が37%落ちます。代謝は12%落ちます。体温が平熱より1度上がると免疫力は5倍に上がります。だから病気をすると体温が上がるんです。体温が下がるのは由々しきことです。」
さらに加えて、
「がん細胞は、35度で一番増殖します。39.3度なると死にます。がんが増えているのは、体温が低下したからです。」
その証拠として、高い温度を有する心臓や脾臓にはがんは発生しなくて、中が管になっていて冷えやすい臓器(食道・胃・肺・大腸・卵巣・ 子宮等)に発生しやすいのだそうです。
温かい白湯を飲むことで、体の体温が上がります。じつはこれが白湯のすごさの秘密なんです。なぜかというと、人は体温が1度上がると、免疫力が5~6倍になり、基礎代謝が約15%もアップすると言われています。白湯を体内に取り入れるだけで、体温は上昇します。つまり、代謝や免疫力を引き上げることができるので、 健康で美しい体を手に入れることができる、というわけなんです!ちなみに、他の飲み物ではカロリーや消化の問題などから、白湯と同じ効果を得られることはできないそうで、運動や食生活の改善だけでは、すぐに体温を上げることは難しい…ですが、白湯は飲むだけで、体の内側から温度を上げることができるお手軽かつ確実な健康法なのです!。』

私は平熱が35.8度と低いです。朝の薬を飲む時は白湯を飲んでいますし、マッサージを受ける前後も白湯を飲んでいます。もっと飲むようにした方が良さそうです。冷たい水を飲むのは暑くなった体を冷やすのには良さそうですが、私はペットボトルの水を常温にしてから飲むようにしています。

おまけ
法改正で年金保険料を10年以上支払えば年金がもらえるようになりました(従来は25年以上)。しかし、いくらもらえるのでしょうか?国民年金保険料を40年間払い続けて月65,008円、25年間で月40,630円、では10年間では月16,252円だけ。月65,008円でも生活できないのに、16,252円では…。国の一所懸命やっていますというポーズにしか見えません。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1865-e9309c12

PREV | PAGE-SELECT | NEXT