1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トップダウンとボトムアップ、その2


私が米国株式の運用をした時代の話。運用のプロセスも、トップダウンとボトムアップの組み合わせでした。

トップダウン。米国では、週単位、月単位、四半期単位、で発表される景気指標が数多くあります。それを全てフォローして、景気が良くなるのか悪くなるのか予測をします。景気が良くなるのなら景気敏感株(自動車株、ハイテク株、機械株等)の比率を引き上げよう、景気が悪くなるなら安定成長株(薬品株、食品株、飲料株、金融株等)の比率を引き上げようと投資方針を決めます。株式の組み入れ比率は、株式100%の投資信託だったので、常時株式の組み入れ比率を高位に維持したので、組み入れ比率を上げ下げすることはあまりありませんでした。

ボトムアップ。薬品株の組み入れ比率を引き上げようという方針が決まると、数多い薬品株の中からどの銘柄を選ぶか個別銘柄の分析(ボトムアップ)で決めていきます。

最後は、ポートフォリオ全体で過大なリスクを取っていないかチェックをしてポートフォリオを構築しました。他のファンドマネージャーは、投資魅力の高い個別銘柄を集めてポートフォリオを構築するファンドマネージャーもいました。この場合、特定の業種が全くなかったり、非常に多くなったりする可能性があるので、私はトップダウンとボトムアップの組み合わせを使っていました。今もその考え方は変わっていません。

おまけ
大型で強い台風10号、明日午前中に関東地方に接近予報。要注意です。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1842-5682c88f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT