1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リオ五輪を見て感じた事

●コーチの力
男子柔道と女子シンクロナイズドスイミングの見事な復活が印象的でした。ロンドンでは、今やタレントになってしまった篠原監督が長時間練習とスパルタ式でコーチをした結果が惨敗でした。すぐそばで反面教師として篠原監督を見ていた井上康生監督は他の格闘技の練習を取り入れるなどユニークな面もありますが、選手と真摯に向き合い信頼関係を築きました。選手が井上監督のために金メダルを取りたいと思う気持ちが全員から感じられました。女子シンクロナイズドスイミングでの井村コーチ。彼女が指導した時代は必ずメダルを獲得したのに対し、指導を離れたら成績はボロボロになり、復帰したら銅メダルを獲得して見事な復活を遂げました。井村コーチの猛練習は有名で、逃げ出す選手も多いと聞きますが、「私の責任の取り方というのは、あの子たちにメダルを獲らせてあげること」と井村コーチは言い、選手はコーチを信じて頑張り抜き、結果を残しました。コーチとして、選手から全面的に信頼されて、選手が結果を残したら監督コーチ冥利に尽きます。指導者が代わったことで、こうまで変わるものなのかと感動しました。
指導し続けて結果を残す二人のコーチ、水泳の平井コーチ、女子レスリングの栄強化本部長。二人とも選手を細かく見て適切なアドバイスをして選手を育成します。また、教え子である水泳の北島選手、女子レスリングの吉田選手が結果を残すと同時に、選手としてあるべき姿を後輩に見せるという最高の環境で、有力選手がどんどん集まり、お互いに切磋琢磨します。この4人のコーチを見ていると、教え子をよく見ている事、教え子が納得するアドバイスや練習をさせる事、教え子との信頼関係がものすごく高い事を感じました。
経営者、管理職、上司といった部下(教え子)を持つ私たちの参考になる存在です。
●男子陸上400メートルリレー
最高にビックリした結果でした。一人一人の力を見たら、絶対銀メダルはあり得ないと思います。それが歴代3位の記録で銀メダルというのは、4人の信頼関係が強く、お互いを認め、試行錯誤し、ひとつの目標に向けて全員で努力した結果だと思います。力の劣る人間たちであっても、お互いに信頼しチームワークが良ければ、力の優る人たちにも勝つことができる、という事を見せてくれたと思います。中小企業で働く私達にも勇気を与えてくれる銀メダルでした。

おまけ
女子レスリングの吉田選手。惜しくも銀メダルとなりましたが、彼女を目指す多くの選手が金メダルを獲得しただけでも、彼女の存在価値はすごいと言えます。同じことが女子卓球の福原選手。石川、伊藤の両選手も愛ちゃんを目指してここまでたどり着きました。吉田、福原両選手とも、安室奈美恵が歌うHeroそのものでした。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1838-d441a42a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT