1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緑茶の効果


歳のせいか、健康ネタを時折書きますが、今日は緑茶の効果を書きます(以前にも書きましたが…)。最近の若い人はペットボトルでお茶を飲むので、熱いお湯を急須に入れてお茶を湯呑に注いで飲むという本来の方法を知らない人がいるようです。緑茶でうがいをするといった健康法があり、「ヘルシア緑茶」「特茶」など、「特定保健用食品(トクホ)」を取得している緑茶商品も多くあります。2015年5月には、緑茶を飲む習慣が死亡リスクを減らし、長寿につながるという研究結果が国立がん研究センターから発表されました。調査で、緑茶を1日1杯未満飲む人を基準にして比較すると、緑茶を飲む量が多くなるほど、死亡率が下がることが明らかになりました。がんによる死亡リスクには男女とも有意な関連は見られなかったものの、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患では緑茶を摂取する量が多くなるほど危険度が低下したそうです(私は夕食時に急須で入れた緑茶や黒豆茶を飲みます。夏になるとミネラル豊富な麦茶も飲みます)。緑茶を飲む頻度については49.0%が「ほぼ毎日飲む」とある調査で回答しているが、逆に言うと半数以上の人が毎日緑茶を飲んでいないことになります(もったいないです)。

緑茶に含まれる主な健康成分と効果
●カテキン(渋み成分)
ダイエット効果(脂肪燃焼を促進)、抗酸化作用、抗菌、抗ウイルス作用(ピロリ菌や歯周病菌の抑制、抗インフルエンザ)、肝臓を保護する、血圧を抑える、血糖値上昇を抑える、
腸内環境を改善する、口臭を抑える、虫歯予防、
●テアニン(うまみ成分)
リラックス作用、ストレス軽減
●カフェイン(苦み成分)
気分すっきり、覚醒作用、ダイエット効果(脂肪燃焼を促進)
●その他
ビタミンC、βカロテン、ビタミンE、葉酸、フッ素、γ-アミノ酪酸(GABA)など

カテキンのパワーをいつも享受するためには、緑茶を机において、ちょこちょこと飲むのがいいそうで、運動によって脂肪の燃焼を促進させるには、運動前の1~2時間前に緑茶を飲んでおくのがお勧めだそうです。血中のカテキンの濃度が高い状態で運動するので、より効率よく脂肪を燃焼させることができ、緑茶に含まれるカフェインも脂肪を燃やす効果が期待できるそうです。ウーロン茶や紅茶も似た効果はあるそうですが、こんなに効果がある日本固有の緑茶を飲まないのはもったいないです。

おまけ
女子レスリング吉田選手、銀メダル。表彰台の涙が印象的でした。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時23分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

体操内村選手の大逆転を始め日本選手の頑張りは見事ですね。
頭に焼き付いたのがウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手のインタビュー抜け答えと吉田選手の涙です。

| (山) | 2016/08/19 08:43 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1836-25113611

PREV | PAGE-SELECT | NEXT