1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「戦略を実現させるための三つのポイント」

メルマガ「KC.Evolution」にあった文章を引用します

『皆さんご存知のように経営をする上で経営戦略を立案するということはとても重要なことです。経営戦略がないと環境変化に上手く対応することが出来ませんし、会社の資源を有効に活用することも出来ません。しかし、多くの会社では経営戦略・経営計画を立案し、それをしっかり実践させることが出来ていないのではないでしょうか。私は戦略を実現させるポイントは次の3つだと考えています。
 一つ目は「全体方針・重点方針の作成」です。環境分析をした上で、どのような方向に向かうのか、どこの土俵でどのように戦うのか、そのために重点的に何をするのか、そのように全体方針・重点方針を決めることです。
 二つ目は「方針の具体化」です。例えば、お客様満足度を向上させようと気合いを入れてもそれだけだと何をして良いのか分かりません。お客様満足度を高めるなら、例えば商品知識、業界の専門知識を高める、そのために月に一度社内で勉強会を実施する、という行動レベルまで落とし込む必要があります。方針を作成するだけでは経営計画の策定はまだ途中です。具体的な行動、期日の付いたアクションプランに落とし込んで初めてしっかりとした経営計画になります。現場レベルでは意外とこのポイントが不十分な会社が多い実感があります。
 そして三つ目は「進捗管理」です。人間は合理的な生き物なので、評価されることを優先する傾向があります。だからチェックしてもらえないものは本気になって取り組まない訳です。以前、日産自動車の幹部の方から伺った話ですが、カルロス・ゴーンさんの凄い所は指示したことをその後どうなったか100%確認することだとおっしゃっていました。言いっ放しで絶対に終わらないそうです。このように具体化した計画をしっかり実行に移すためにも計画がどうなったのか定期的に確認する、所謂PDCAの仕組みがとても重要です。

 もし戦略を立案してもなかなか成果に結びつかないようであればこの三つのポイントを意識してみてはいかがでしょうか。』

私も同感します。私の経験では、一つ目は比較的出来る項目だといえます。しかし、二つ目の方針の具体化では曖昧になることが増えます。特に具体論ではなく抽象論のままで終わってしまう事が多々あります。三つ目の進捗管理に至っては、ほとんどなされないか、始めは実施しても時間が経つとやらなくなってしまいます。「当たり前のことを徹底的にやると、それは強みになる」と言われます。二つ目、三つ目をどれだけ徹底的に行う企業は生き残れる企業だと思います。

次回は8月17日です。

おまけ
イチローが3000本安打を打った後の言葉。「僕にって3000という数字よりも僕が何かをすることで僕以外の人たちが喜んでくれることが今の僕にとって何より大事なことだと再認識をした瞬間でした。」。カッコよすぎますね。サングラスの下から流れる涙も感動ものでした。人間の幸せは自分の夢が実現するよりも、周りの人が笑顔になることの方が幸せだと私は思っているので、120%同感です。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1832-a4ecb4b4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT