1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

では、年金はどのくらい支給されるの?


前日に続き年金について書きます。年金はいくらくらいもらえるのか知っていますか?
リタイア後の生活設計を考えるとき、公的年金(老齢年金)が一番重要なものとなります。何よりも、生涯にわたって受給でき、受給額も物価にある程度は連動するからです。

では実際に自分たちの老後にはいくら受給できるの? と知りたいところですが、数十年後の値を正確に知ることは難しいもの。ですが、現在の受給者の状況はわかります。現状の老齢年金受給事情は以下の通りです。
厚生労働省が発表した平成27年度の年金額。国民年金から支給される老齢基礎年金は、20歳から60歳まで40年間保険料を支払った人で、1人1カ月6万5008円。また、厚生年金から夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万1507円とのこと。従って、一般的な会社員は年間約266万円の年金を支給されることになります。

この標準的なモデル夫婦は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円=税込年収514万円)で40年間就業し(例、若い時300万円、年配の時700万と増加して40年の平均が年514万円)、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が平成27年度に年金を受け取り始める場合の給付水準です(今時40年間専業主婦というのは稀有な事例だと思いますが…)。現時点で老齢年金の受給権を持つ人の平均年金月額は、平成26年度で国民年金が5万4414円、厚生年金が14万4886円となっています。

厚生年金保険料は給与水準によって異なります。但し、月62万円を超えると保険料は同じです。50代になると、定年退職後いくら年金がもらえるのか知りたくなります。それには「ねんきんネット」や年金事務所等で知ることができます。自営業者の場合、夫婦で国民年金に加入して保険料を毎月二人分支払って年156万円です。ちなみに、会社員の場合の専業主婦は保険料を支払っていません(夫の厚生年金保険料が妻の分をカバーする形になっています)。年金は、偶数月の15日に二か月分支給されるので、その日にパチンコ店に通う高齢者が多いと聞きますし、奇数月に分配金を支払う投資信託を保有して年金のない月に現金を手に入れる高齢者もいます。

年266万円の年金では、現役時代の生活水準を維持できません。年金支給開始年齢は将来的には徐々に遅らされ、年金支給額も減らされる可能性があります。老後の生活を豊かにするには自分で確定拠出年金等を通じて老後のための資産を自ら準備(自助努力)することが大事です。

おまけ
体操男子団体。金メダルおめでとうございます。朝起きたらテレビで放送していたので、鉄棒と床を見て大きな拍手を贈りました。日本体操の伝統である「美しい演技」を見せてくれて感謝です。
おまけ
今日の東京の最高気温予報37度。百葉箱での気温ですから、道路やビルの反射を考慮すると実感としては40度でしょうね。熱中症に注意です。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1831-c0a518ab

PREV | PAGE-SELECT | NEXT