1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年金定期便


年金定期便を皆さんは年一回受け取っていると思います。しかし、よく見ていない、よく分らないという人が多いのではないかと思います。日本年金機構のホームページを使って整理します。

日本年金機構では、毎年1回、誕生月に国民年金および厚生年金保険の加入者(被保険者)の方に対して、年金加入記録の確認とともに、年金制度に対する理解を深めてもらうことを目的として「ねんきん定期便」を郵送します。

35歳、45歳、59歳以外の方には「ハガキ」の「ねんきん定期便」を郵送し、内容は
・50歳未満の方
これまでの年金加入期間、これまでの加入実績に応じた年金額、(参考)これまでの保険料納付額、最近の月別状況
・50歳以上の方
これまでの年金加入期間、老齢年金の年金見込額(※既に老齢年金を受け取られている方には知らせず)。(参考)これまでの保険料納付額、最近の月別状況

35歳、45歳、59歳の方
年金の受け取りに必要となる加入期間を確保するための節目となる年齢の方や、年金のご請求を間近に控えた方には、「封書」の「ねんきん定期便」を封書で郵送。「封書」の「ねんきん定期便」には、年金加入記録の確認方法などを詳しく記載したパンフレットや、お知らせした年金加入記録に「もれ」や「誤り」があった場合にご提出いただく「年金加入記録回答票」を同封しています。
・35歳、45歳の方
これまでの年金加入期間、これまでの加入実績に応じた年金額、(参考)これまでの保険料納付額、これまでの年金加入履歴、これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況(※厚生年金保険の加入履歴がある方のみにお知らせしています)。これまでの国民年金保険料の納付状況(※国民年金の加入履歴がある方のみにお知らせしています。)
*会社員は厚生年金保険に加入し、自営業者が国民年金に加入します。
・59歳の方
これまでの年金加入期間、老齢年金の年金見込額、(参考)これまでの保険料納付額、これまでの年金加入履歴、これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況、これまでの国民年金保険料の納付状況

年金定期便が届いたら確認すべき事項は、会社の在籍記録、加入記録、標準報酬月額です(標準報酬月額は日本年金機構のねんきんネットで確認できます)。例えば、会社に在籍していても、ブラック企業は厚生年金保険料を給与から徴収しておきながら加入していないように見せかける、標準報酬月額を少なく届け出て保険料の差額を詐取する、等の悪事を働きます。コーワは安心ですよ。

注意が必要なのが、夫婦の夫宛に知らされる年金見込額は夫の分だけで、妻の分は妻に知らされるので、夫婦の場合両方を合算した金額となります。また、定年退職したら、年金が自動的にもらえると思いがちですが、自分で申請をしなければもらえません。年金保険料は強制的に徴収されますが、年金を受け取るには自ら申告しなければならないという仕組みになっています。

おまけ
日銀がマイナス金利を導入したのが1月。先月の銀行融資残高が前年同月を下回りました。マイナス金利で借り入れが増えて経済活動が活発になるとの日銀・政府の期待を裏切りました。
おまけ
リオ五輪。体操チームの不振と卓球石川選手が個人戦で早くも負けたのを除くと想定内の結果。萩野・瀬戸の水泳は見ていて興奮しました。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1830-c0c1bb2b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT