1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「…であるべき」「…でなければダメ」を止める

私の性格は完璧主義者とある性格分析で診断されました。結構当っています。完璧主義者は「…こうあるべき」「…でなければダメ」と考える傾向があり、精神疲労が多くなってくると(穏やかな状態で居る時には、思考も穏やかになっているので、 物事に対して柔軟な発想ができるのですが)、自分を追い込むように思考が窮屈になってしまい、選択の自由が失われて「…でなければダメ」という焦りが生まれやすくなります。「…でなければダメ」と思ってしまうと、他の意見は聞こえなくなってしまったり、 許せなくなってしまったりして、妥協できなくなってしまいます。完璧主義者はネガティブ、悲観主義的な性格も併せ持ちます。おそらく、こういう性格の方がいらっしゃると思います。

蛇足ですが、楽天的な人は完ぺきにできなくても平気ですし、多少準備などが不十分でもポジティブで楽観的に物事を捉えます。

窮屈になってしまった思考を緩和するキーワードは、「まぁ、いいか」「…な時もあるさ」「…な事もあるさ」「…な人もいるさ」と、行動では「深呼吸」をする。
「まぁ、いいか」 完璧にできない自分を許す
「…な時もあるさ」「…な事もあるさ」「…な人もいるさ」現実を受け入れる心構え
「深呼吸」 完璧主義者が行き詰まると、呼吸が浅くなっていることが多いです。深呼吸をゆっくりすることで、頭もまわるようになります。

もし、あなたが完璧主義者的な性格があるようでしたら、この方法をトライしてみてください。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1821-08bd5b5d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT