1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緑茶パワー

日本人にとって、緑茶は不可欠な飲み物と言えます。この緑茶が健康に非常に良いという記事が日経グッディに掲載されました。

●体重が60キロの人ではおよそ5リットルの血液が50秒間かけて全身を巡ります。毛細血管は髪の毛の14分の1という大変な細さです。この細い隙間を血液が巡りながら、酸素や二酸化炭素を運んだり、栄養分やホルモンを届けたり、体温調節をするなどの働きを担っています。血液がサラサラと流れた状態でないと、全身でさまざまな問題が生じるわけです。お茶が持つカテキンの抗酸化作用が強く、血液をサラサラにするのに有効で(喉のうがいにもお茶が効きます)、お薦めです。
●国立がん研究センターによる発表では、長期にわたる疫学研究によって「緑茶を飲む量が多くなるほど死亡率が下がる」という研究結果が明らかになりました。緑茶を1日10杯以上飲む人は、3杯未満の人に比べてすべてのがんに対してリスクが約2分の1に減少。がんにかかった人の診断時年齢を比較すると、がん発生が女性では7.3年、男性では3.2年遅延する。
●認知機能アップ効果です。静岡県立大学で行われた研究によると、1日2~3杯に相当する緑茶粉末を3カ月摂取したところ、認知機能検査における平均点が摂取前よりも上昇したという結果が出ています。特に、数分前から数日前といった短期記憶の向上効果が高かったのです。短期記憶は脳の海馬が司っていて、初期の認知症は海馬の衰えから始まります。緑茶を積極的に摂ることが、認知症予防の有効な手段となるのではないかと考えています。
●緑茶の葉の健康成分は、通常私たちがお茶として飲んでいる液体には30%ほどしか含まれていません。残り70%が不溶性成分であるため、お湯に溶けずに茶殻に残ってしまうのです。茶葉をまるごと食べる“食べるお茶”。“市販されている煎茶”を買ってきて、ミルサーやすり鉢などで茶葉を粉末にします。ヨーグルトやバニラアイスにかけると、香りがよくておいしいですよ。お茶の葉の90%以上が水に溶けにくい不溶性繊維なので、お茶の葉を食べれば食物繊維もしっかり摂ることができます。

お茶はすごい飲み物です。糖分一杯で歯を痛める炭酸を含む清涼飲料水を飲むよりも、お茶を飲みましょう。夏の暑い時には、ミネラルが豊富な麦茶もいい飲み物です。昔の日本人は、科学で分析できない時代でも、効果を分っていて愛用してきました。これからもお茶を愛飲します。

おまけ
猛暑日。体の汗を拭くときは、乾いたタオルよりも、濡れたタオルでふく方が良い。汗が蒸発して気化熱で体の熱を下げるのに、汗を拭きとってしまうと熱を下げられないため。冷たいペットボトルで、太い血管が通っている首元、わきの下、そけい部を冷やすと根値を下げるのに効果があります。


スポンサーサイト

| いろいろ | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1812-98583baf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT