1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分の金融リテラシーを知る


ニッセイ基礎研究所のサイトから引用します:
金融リテラシー(金融・経済に関する知識)の程度を測るために、以下の5問の金融・経済に関するクイズ(国内外の研究で有名な質問)を回答者に答えてもらった。正解は後述しますので、答えを考えてみてください。

●複利計算:普通預金に100万円を預金しているとして、金利が年率20%であるとします。5年後、口座残高はいくらになっているでしょうか?
(1)2百万円より多い、(2)2百万円ちょうど、(3)2百万円より少ない、(4)わからない、
●国債価格:現在の金利が1%だとします。将来、金利が3%に上昇した場合、10年満期の1%利付国債の価格はどうなるでしょうか?
(1)上昇する、(2)変わらない、(3)下落する、(4)わからない、
●外国投資:米ドル建て外貨預金に1000ドル預金しているとして下さい。3ヵ月後、円ドル為替レートが円安となった場合、この預金の円ベースでみた価値はどのようになるでしょうか?
(1)増える、(2)変わらない、(3)減る、(4)わからない、
●リスク分散:トヨタ自動車の株価と日経平均連動株式投信(インデックスファンド)では、どちらが変動性(値上がり、値下がりするリスク)が小さい(安全)でしょうか?
(1)トヨタ自動車、(2)ほぼ同じ、(3)日経平均連動株式投信、(4)わからない、
●ドルコスト平均法:次のうち、ドルコスト平均法の説明として正しいものはどれですか。
(1) 各銀行が提示するドル為替レートの平均値で投資すること、(2)定期的に一定ずつ投資すること、(3)値上がりしている時に買い、値下がりしている時に売る投資のこと、(4)わからない、

●複利で元本を2倍にするには、金利x年数=72を使いましょう。1%なら70年前後かかります。0.01%なら7,000年かかります(税金を考慮せず)。昔、郵便局の定額貯金が年8%で複利運用されました。8%x10年=80で、満期には倍以上になりました。
●国債の金利と国債の価格は逆に動きます。金利が下がると、価格が上がる。
●これは易しいと思います
●1銘柄と225銘柄の平均では、どちらが価格の変動幅は大きくなるか?
●金投資でよく使われる方法で、毎月1万円金を購入します。

各々の正解は、(1)、(3)、(1)、(3)、(2)です。

全問正解なら、金融リテラシーは一定水準を維持していると言えます(私は以前の職業が資産運用だったので全問正解です)。正解率が高い人ほど、老後の資金準備が必要なことを理解しているそうです。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1810-60cbdc36

PREV | PAGE-SELECT | NEXT