1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぜ生きる2


先週、「なぜ生きる」のタイトルで書きました。
あるセミナーの資料(レジメ)の最初に、以下のように書かれていました:

人は何のために生きるのでしょうか?
●社会のため、他人のために何か貢献する、それがこの世に生を受けた意義と思っています。同時に自分の魂を磨き、自分の心を慈悲に満ちた優しい美しい心に変えていくことにこそ、人生の目的があると思っています。(稲森和夫 京セラ創業者)
●他人に尽くすために生まれてきたのです。人の役に立ち、人のために尽くすことです。(瀬戸内寂聴 天台宗尼僧)
●自分の会社は社会の役に立っている。この仕事は尊いものである。その会社を信頼し、自分も良き社員として成長し、会社の仕事を通じて社会に奉仕していこうという考え方を持つことが大切。(松下幸之助  松下電器創業者)
●人間の究極の幸せは次の4つ。①人に愛されること ②人にほめられること ③人の役に立つこと ④人に必要とされること。この4つは働くことで得られるのです。(大山泰弘 日本理化学工業会長)
●人間は自分以外の者のために生きた時から本当の人生が始まる(マザー・テレサ)

私は「妻の幸せのために生きる」と思っています。マザー・テレサの「自分以外の者のため」に該当します。妻が幸せという事には、家族が幸せ、会社を維持して社員とその家族も幸せに暮らせている、という事を含みます。コーワを継ぐまでは妻と子供の笑顔を見るのが自分にとっての幸せでしたが、会社を継いでからは社員とその家族が加わりました(一挙に百人単位で増えました)。

おまけ
九州は大雨、北関東はカラ梅雨。今年は台風の発生も少ないし、なかなかうまくいきません。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1804-943af576

PREV | PAGE-SELECT | NEXT