1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現金を増やす


会社が倒産する時は、いつでしょうか? 現金が無くなった時です。赤字を出し続けても、現金があれば会社は倒産しません。赤字の会社で現金を生み出すには、増資するか、銀行借入をするか、資産を売って現金化するか、くらいしかありません。赤字を毎年出し続ける会社に、銀行は融資を続けてはくれません。経営者が増資に応じ続けることは不可能です。

では、なぜ現金がなくなるのか?経費の増大、在庫の増加、売掛の増加、運転資金の悪化、投資の増加、等たくさんの要因があります。すべてが現金の減少につながります。しかし、売上の増加も現金を減らします。特に「売上至上主義」を掲げる会社は、売上を伸ばし、利益を増やしていけば資金は必ず残る、という錯覚を持っています。社長が売上至上主義をやめない限り、資金繰りはいずれ行き詰まるようにできています。何故、売上を拡大しようとすると、現金がなくなるのか(より多くの現金を必要とするというのが正しいです)? 売上至上主義の社長は、設備増強をし(借入増)、営業マンを増やし(経費増)、在庫を増やし(運転資金増)、広告宣伝費や接待費を増やし(経費増)、売掛金の回収期間が長い会社にも売り込み(運転資金増)、与信(倒産)リスクの高い会社にも売り込み、資金を無くします。

現金を増やすにはどうしたら良いか?売上至上主義に走らず、経費の無駄の排除、粗利益の改善、早めの売掛金回収を心がけることに尽きると思います。

年次決算書類のひとつに、キャッシュフロー計算書というものがあります。中小企業では作成している会社が少ないと思いまが、私は作成し銀行にも提出し決算報告で使っています。これは、前年度末に比べて今年度末に現金が増えているかどうかを見ます。損益計算書上で利益が出ていても、現金が増えなければ意味がありません。キャッシュフロー計算書を作成する会社であれば、現金不足に陥る心配は低くなります。

これは家計でも同じです。昨日のブログに書いたように、年末で純資産が増えていることが大事です。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1795-ffec867d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT