1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末雑感


今秋発売の週刊ダイヤモンドの記事を参考にしました。
●実燃費
三菱、スズキの燃費偽装問題があり、私はブログで公称燃費の7割の実燃費が出れば御の字と書きました。ダイヤモンド誌の記事によれば、「実燃費÷公称燃費=燃費達成率」をメーカー別でみるとトヨタが74.37%で最も高く、スバルの62.68%が最低。70%以上はトヨタとホンダ(73.62%)だけです。主要車種別にみると ホンダステップワゴン74.91%、スズキワゴンR71.04%、日産ノート66.55%、トヨタプリウス66.19%(40.8キロx0.6619=27キロなので立派な数値ですが…)、ダイハツタント65.06%、トヨタアクア63.95%、等。やはり、ディーラーの人間が話していた7割いけば御の字というのは本当でした。ちなみに公称燃費ではエアコン、ナビ、オーディオ等は使用していません。違うデータでは、ディーゼルエンジンは実燃費の落ち込みがガソリン車よりも小さかった記憶があります。

●メタボになりやすい業種
16万人のデータに基づくメタボになりやすい業種が公表されました。全業種で男性のメタボ率が22.2%、女性は4.4%と大きな差が出ました。業種別では、男性の「建設業」「運送業・郵便業」「学術研究・専門・技術サービス」でメタボ率が高く、女性は「医療・介護」が目立つそうです。シフト勤務や夜勤の多い業種は、生活習慣病の有病率が高く、心筋梗塞や脳卒中のリスク因子と指摘されています。体内リズムの乱れ、睡眠不足、過食に加えて、ストレスや眠気を紛らわそうとしてタバコに手が伸びるのも一因だそうです。製造現場で二交代制等を採用している所は、やはり健康に良くないようです。専門技術職や金融業でもメタボ率が高く、「座りっぱなし」「車移動」の悪影響で脂質異常やウエスト周囲径の高値が目立つとの事。私は両方の項目に当てはまるので「大注意」しなければなりません。

●日経MJ新聞 「しくじりな人々」
日経MJが、今年大きくしくじった人々を挙げていました。更に私が考えるしくじった人も追加します。賭博で職を失った巨人の選手とオリンピック出場を逃したバドミントン選手、経歴詐称のショーン・マクアードル・川上、三菱自動車・スズキ・シャープ・東芝の経営者、老害の姿を見せたセブン&アイの鈴木会長、「精査」「厳しい第三者の目」「不適切だが違法性はない」で一躍有名になった舛添都知事、収賄疑惑で不眠症と仮病を使った甘利衆議院議員、不倫騒動のベッキーやファンキー加藤、昔から覚せい剤でしくじっていた清原、大トリが世界から嘲笑された「リーマンショック前に似た状況」発言と自分勝手な「新たな判断」発言の安倍首相。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1791-2b2171d6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT