1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末朝寝坊が体調を悪化させる


週末土日ゆっくり休んだはずなのに、月曜日の体調が今一つという人が結構いるそうです。
日経グッデイで以前に掲載された記事を引用します:

『平日は朝も早いし、睡眠も不足ぎみ。せめて週末くらいはたっぷり寝よう―。そんなふうに考えている人は多いだろう。しかし、たっぷり寝たはずなのに体調はイマイチ。特に休み明けの月曜日がつらい…なんてことはないだろうか。実は、体を休めるつもりの“週末朝寝坊”には、意外な落とし穴があった。それが“時差ボケ”だ。平日は規則正しい早寝早起きの生活でも、週末に夜更かしや朝寝坊をして就床時刻や起床時刻がずれると、それをきっかけに体内時計が乱れ、時差ボケのような症状を招いてしまいます。このような状態は『社会的時差ボケ(Social Jetlag)』と呼ばれ、近年、睡眠研究者らの間で注目されています。週末だけの乱れと軽く考えがちですが、体への影響は決して侮れない。そもそも時差ボケとは、体内時計と生活時間との間にズレが生じ、眠気や食欲不振、集中力低下などの体調不良を招くこと。時差の大きい国への旅行や出張には付きものだが、日常生活の中でも十分起こり得る。その原因が睡眠時間の乱れというわけだ。典型的なのが、夜勤などのシフトワーク(交代勤務)だ。これまでの研究で、シフトワーカーでは睡眠障害だけでなく、がんや肥満、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、狭心症などの虚血性心疾患、うつ病などのリスクが高まることが分かっている。これも体内時計のズレが大きな原因といわれている。がんの場合、国際がん研究機関はシフトワーク自体に発がん性があるとみなしています。

夜型生活や週末朝寝坊でも社会的時差ボケによる心身の不調が起こりやすくなる。「社会的時差ボケ状態では、頭の働きの低下、昼間の眠気や抑うつ傾向の増加が見られるとの報告もあり、仕事のパフォーマンスも低下してしまいます」。実際、社会的時差ボケが大学生の学業成績に関係するとの報告もある。週末朝寝坊をすると、朝食時刻のズレが大きく、朝食は朝の光を浴びることと並んで、体内時計をリセットする重要な役割を担っています。週末朝寝坊組は、朝寝坊にブランチが加わることで体内時計の乱れが一層進むと考えられます。

では、週末はどのように過ごすのが正解なのか?いつもと同じ時間に寝て、同じ時間に起きるのがベストです。とは言え、休みの日くらい多めに寝たいという気持ちも分かります。ならば、せいぜい1時間以内のズレですむように努めてほしい。このくらいなら、社会的時差ボケがひどくなることはまずない。できれば、夜更かしはせず、夜早く寝て睡眠時間を長めに確保するのがお薦めです。週末朝寝坊が習慣になっている人は、今週末から早速、休日の睡眠を見直してはどうだろうか。』

工場で2直ないし3直で夜勤を交代で行う職場では、体に相当負担をかけていることになります。一直残業の方が、健康面では好ましいことになります。
私は、平日朝5時40分に起床します。土曜日は1時間の朝寝坊、日曜日は平日と同じ5時40分に起床し、ウォーキングをして、夜は平日よりも早く寝るようにして月曜日に備えています。もっとも、高齢になったせいで朝ゆっくり寝ていられない(もし長時間寝たら腰が痛くなります)というのが実情ですが…(泣)。

おまけ
国道4号線沿い竹ノ塚近辺にある三菱自動車の販売店。展示車が少なく人もほとんどおらず閑散とした状態。当分この状態が続くのでしょうね。信頼を失うことがいかに恐ろしいことか。

スポンサーサイト

| 休日 | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1772-b8c359a6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT