1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お風呂で疲れを簡単にとる方法

ゴールデンウィークの疲れがいまだに取れない方もいるかもしれません。お風呂で疲れをとる簡単な方法。

答は、電気を消してお風呂に入ることだそうです。

試してみました。目の奥のコリがほぐれていくのがわかりますし、なにより、真っ暗なお風呂は、不思議な感覚で、驚くほどリラックス出来ます。真っ暗が苦手という方は、お風呂場にキャンドルを1.2個用意するのも良いのですが、真っ暗にする事によって、目が楽で、気持ちが軽くなるというか、スッキリ感を実感できる、この暗闇入浴法。いかに“目の疲れ”が、体全体へ影響しているかが…わかります。

暗闇の風呂が“疲れ”や“リラックス”に効果的な理由として、実は人間というのは脳をフル回転させてないと よくない生き物らしく、そのため五感の刺激が少なくなると、夢を見たり、幻覚を見たり、するそうです。この五感の刺激が足りない状態を 「感覚遮断」というそうなのですが、例えば単調な高速道路で幽霊を見たとか、雪山で遭難した人が神を見たとかいうのも、この感覚遮断が原因だといわれているようです。この感覚遮断が暗いお風呂とどう関係しているかというと、この感覚遮断、あまり長くやりすぎると体によくないそうなのですが、短い時間であれば脳波がレム睡眠時と状態になり、非常にリラックスできるそうです。

私もお風呂で脱衣室の照明をつけて、お風呂場の照明を消して入浴すると、確かに楽になる感じがしました(普段は入浴しながら防水テレビを見ていました)。現代人は、テレビ、パソコン/タブレット、スマホを1日中見つめていて、絶対体に良くないと思うので、暗いお風呂で目と体を休めるのは効きそうです。一度、試してみてください。

スポンサーサイト

| いろいろ | 06時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1770-11dc8b81

PREV | PAGE-SELECT | NEXT