1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プラス思考とマイナス思考

プラス思考は楽観的、マイナス思考は悲観的とも言えます。あなたはどちらですか?私は後者のマイナス思考です。

マイナス思考というと性格が暗い人間と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。私の場合、心配性と呼ぶのがより適切かもしれません。例えば、車で首都高速を使って出かける場合、ネットで混雑状況を調べて、余裕を持って出かけます。大体、早めに到着します。ちょうど良いと思って出かけると、渋滞にはまり遅れそうになることが往々にしてありました。ポジティブ思考の人なら、携帯もあるから遅れそうになったら電話で連絡すればOKと思うかもしれません。会社の経営をする場合でも、予算通りに行くもしくは上回ることは滅多にないので、最悪の場合を想定しておき、対応策を考えておきます。予算通りに行くと楽観的に考えて、イザ思うようにいかないと焦ってしまい動揺して対応が遅れてしまいます。

リスク管理という場合では、マイナス思考の人の方がリスクを管理できると思います(ちなみに、長嶋元巨人監督が救援投手を早く替えたのは、リスク管理ではなく長嶋氏のカンピューターのせいだと思います)。マイナス思考の人は、受験や何か行動を起こそうとする場合、「これだけやったのだから」という水準まで勉強や準備をしないと不安で仕方がありません。そうすることで初めてプラスに転じることができます。プラス思考の人は、そこまで準備しなくても楽観的になれるので、往々にして準備が足らないことがあり得ます。

どちらがより望ましいと言えるものではありませんが、プラス思考の人は準備が程々なのに「根拠のない自信」を持つ傾向にあり、マイナス思考の人は「根拠のある不安」を持つので、過剰なまでに準備をするので「準備疲れ」になることがあります。

おまけ
舛添東京都知事の金銭疑惑がまた出ました(またも週刊文春)。どうして政治家には品性卑しい人が多いのでしょうか?

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1769-5ae6447b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT