1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

笑みトレ


スマイルコンシェルジェと称し、笑顔の研修「笑みトレ」を考案した「たき れいこ」氏の話を聴く機会がありました。

●貴方の笑顔は、上の歯が6本もしくは8本見えているか?上の歯を見せる笑顔はあなたに敵対意識を持っていませんという事を意味するそうです。タレントの笑顔の写真は上の歯が見えているものがほとんどだそうです。そのセミナーで私の笑顔を写真に撮ったら、歯を見せていませんでした。その笑顔を今三でした。
●口をすぼめて「ウー」、口を横に広げて「イー」を数回繰り返す。顔の筋肉を動かして、ほほを1センチ上げるだけでも笑顔が良くなる。
●部下はあなたの笑顔を見ているのではなく、真顔を見ています。真顔が怖かったら、社内の雰囲気は悪くなります。
●話す時は、目と眉も使って話す。目と眉を動かして、表情を豊かにしたほうが良い
●普段の話すトーンを柔らかくポジティブな表現を使う。普段から厳しい表現を使うと、本当に厳しいことを伝えなければならない時も聞き流されてしまう。柔らかい表現をする人が厳しく話すと、効き目が出る。
●自分の話し癖(やっぱ、一応、とりあえず、語尾を伸ばす…)を認識し、ポジティブに話す。
●相手の話を最後まで聴いて、自分も最後までキチンと話す。話の途中で腰を折ることは避ける。
●眠る前に今日1日の感謝をする人がいます。眠る前に10秒スマイルをすると、翌朝の表情も違ってくる。
●メラビアンの法則。人が話を聴くとき、55%が視覚情報(表情、身振り、服装、顔色等)、38%聴覚情報(元気な声、疲れた声等)、7%言語情報(話の内容)で情報を得る。話し方が印象に残るという考え方。例えば、怖い顔で部下をほめると怖い表情が印象に残ってしまうので、視覚情報が大事という事。ほめる時に笑っていると、内容と表情が一致しており問題ない。
●部下から資料を受け取る時、相手を見て笑顔で「ありがとう」と言うのと、目も見ないで無表情に「そこに置いといて」というのでは大きな違いが出る。

社長、部長、課長といった管理職はムードメーカー。ムードメーカーの表情や話し方だけでも、チームのモチベーションが大きく異なってくる。部下を持つ人は笑顔を忘れずに。

次回は4月25日月曜日です。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1762-178b78c4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT