1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

個人型確定拠出年金


日経ネットに以前掲載された記事が個人型確定拠出年金のメリットを簡潔にまとめているので引用させていただきます。残念ながら、この制度は60歳までしか使えないので私は使えません。コーワは会社型の確定拠出年金に加入していないので、個人型のみが使える制度です。

『隠れた投資優遇税制とも呼ばれる個人型確定拠出年金(DC)。自分がお金を積み立て、運用次第で老後のお金が変わる制度だ。自営業者だけではなく、企業年金がなく厚生年金だけの会社員(会社員の約6割)も使える。掛け金が税金計算の対象から控除されるので老後資金を積み立てながら税金が返ってくるだけでなく、運用期間中は税金がかからない。この相乗効果で、DC制度を使わない普通の預貯金でためた場合に比べ、60歳時点で老後資金が2倍超も違ってくることが起きる。

年収600万円の人が、個人型DCへの会社員の掛け金の上限額である27万6000円(月23,000円が上限)を、様々なやり方で60歳になるまで30年間積み立てた場合のお金の殖え方の違いを試算した。例えば個人型DCの枠を使って投資信託で年利回り4%で運用すると、60歳時点で約1550万円。課税口座で同じ運用をすると1090万円なので、約460万円も差が出る。なぜこうなるのか。
一つは個人型DCの掛け金が全額所得控除される(税金計算の対象外になる)効果。掛け金にその人の上限税率をかけた分だけ節税になる。年収600万円の人の上限税率は所得税・住民税合わせて20%(復興税除く)なので、年27万6000円の掛け金の場合、年に5万5200円の節税になる。一方、課税口座で積み立てる場合は、確定拠出年金に加入する場合の掛け金相当額から税金が差し引かれたままになる。今回のシミュレーションでは、同じ27万6000円を積み立てるのでも、個人型DCなら税引き前の27万6000円を丸々積み立てられるのに対し、課税口座については所得税・住民税の5万5200円を引いた22万800円を実質の積立額として試算した。この差が30年分で約166万円になる。460万円から166万円を引いた残りの約294万円が運用期間中、非課税で殖えることによる差などだ(課税口座は分配金や売却益などに2割課税された前提で試算)。個人型DCでは運用期間中は非課税なので長期では複利で雪だるま式に大きく殖える。

少額投資非課税制度(NISA)は、預貯金は対象外で株式や投信などでしか運用できないが、個人型DCでは預貯金も選べる。同じ預貯金での運用(利率は現状の年0.01%で試算)で比べても、個人型DCの枠で預貯金していけば60歳時点で830万円なのに、課税口座の預貯金は660万円(毎年22万800円を積み立て年率0.01%で30年間運用)と170万円も違う。これも掛け金の節税効果に、運用期間中の非課税効果(低金利なのでわずかだが)が加わる結果だ。つまり、投資が怖くて預貯金しかしないという人も、まずは個人型DCの枠を優先して預貯金をし、さらに余裕があれば通常の課税口座で預貯金する方がいいというわけだ。』

個人型確定拠出年金は60歳まで引き出すことができないので(下流老人にならないためには最も有効な方策)、毎月の金額を決める時に無理のない金額にすることをお忘れなく。まだ活用していない人が多い制度ですが、使わないのはもったいないです。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1752-0a7eb7b5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT