1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「名将の条件」野村克也著SB新書


標題の本を読みました。野球解説を聴いていて、最も洞察深い解説をされたのが野村氏です。本の中から、参考になる部分を抜粋します。

私は常々、「人間は無視・称賛・非難の段階で試される」と言い続けてきた。その人間が箸にも棒にもかからない状態であれば「無視」、少し見込が出てきたら「賞賛」し、組織を担う中心的人物になったと認められる段階で「批難」する。ここでいう「批難」とは、『その程度で満足していたらダメだ。もっと成長して本当の中心になって欲しい』という期待が込められている。その真意を受け止め、悔しさを感じつつも「どうにかして認めさせたい、見返したい」と思って精進を重ねることで、その人間は真の一流になることができるというわけだ。

「この監督についていけば大丈夫だ」
「この監督の言うとおりにやれば、勝てるに違いない」
と選手に思わせることが大切であり、そのために人望や度量、風格、言葉、判断力、決断力、理論を身に着けることが必要だ。

たしかに努力は大事だし、努力しようとする姿勢は大切だ。だが、その方法を間違っていては、時間と体力を浪費するだけで、全てが水の泡となってしまう。私が日頃から「人間の最大の罪は鈍感であることだ」と言い続けているのは、この時の体験があるからだ。失敗を失敗として自覚していない者、失敗の原因を究明する力に欠けている者は、絶対に一流になりえない。些細な事に気付いて変化し、その変化が大きな進歩を招く。一流と呼ばれる選手はみな修正能力に優れている。同じ失敗は絶対にしない。二度、三度と繰り返す者は二流、三流。更に失敗を重ねていくような選手ではプロ失格なのである。では、失敗を重ねないようにするためにはどうすればいいか。感じる力を身につけることが大切で、感じる力とはその人間の持つ強い熱意、希望、夢だと思っている。

説得力を持った言葉や深みのある言葉など、様々な言葉を身につけておくことは指導者に欠かせない能力のひとつなのだ。

次回に続きます。

おまけ
今日プロ野球が開幕。セリーグは去年同様どんぐりの背比べ、パリーグはソフトバンクの戦力がダントツ。野球賭博問題を起こした巨人は、ペナルティーとして東京ドーム開催試合を当面無料開放にしたらよいのではと個人的に思います(サッカーでは観客ゼロの試合が実施されます)。野村氏の持論は「外野出身の監督はダメ」。高橋、金本、ラミレスの新人監督は全て外野手でした…。

スポンサーサイト

| | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1743-60fd58ee

PREV | PAGE-SELECT | NEXT