1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自動車運転と企業経営

全く違う二つを並べましたが、意外と共通することがあります。

先日、免許証の更新をしました。更新手続きをしていると、隣の列で高齢者の方が視力検査で大変苦労されていて、一旦休みましょうと言われていました。私もいつかはあのようになるのかな!と思いながら見てしまいました。

1時間の安全運転講習を受けたのですが、安全運転をするには「前に駐車している車の陰から子供が出てくるかもしれない」「交差点で右折する際に、対向車線の車が止まっていてもその陰からバイクが直進してくるかもしれない」「自転車が赤信号を無視して交差点に突っ込んでくるかもしれない」と注意して運転することが大切だと指導員は話していました。テレビで見たのですが、通いなれた道を運転していると前をちゃんと見ているつもりでも、頭で歩行者や自転車を認識できておらず事故が起きることがあるそうです。
「・・・・するかもしれない」「通常の時に気が付かないことがあり得る」は会社を経営する時でも同じだと思います。
「銀行の融資決定に時間がかかるかもしれないから、早めに融資の交渉を開始しよう」
「取引先が資金繰りに窮すかもしれないから、受注を制限しよう」
「得意先の業績が悪く不渡りがでるかもしれない」」といったように、起きないかもしれないけれどリスクがわずかでもあるなら、万が一に備えて事前に準備(もしくは対策を考えておく)をしておけば、実際に起きたとしても慌てることがありません。

会社経営で何の問題がないと思っても、気付かないところで問題が徐々に拡大しているかもしれません。順調な時ほど、様々なことに目配りをしておくことが大切だと安全運転講習を受けながら思いました。

ちなみに、最近は自転車事故が増加し、自転車の危ない運転に対する罰則が強化されています。通勤に自転車を使う人が多いですが、コンビニでも入れる自転車用保険に加入したほうが良いですね。

おまけ
One for All, All for One
ラグビーで良く聞く言葉です。「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」と訳されます。しかし、「ひとりはみんなのために、みんなはひとつのゴールのために」という意味にもとれるというのを初めて聞きました。どちらも正解だと思います。会社内においては「ひとりはみんなのために、みんなはひとつの目標のために」がしっくりくる感じです。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1742-fd5ffc7f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT