1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金利


日銀が1月29日にマイナス金利を導入すると発表してから、為替市場、債券・金利市場、株式市場が大きく揺れました。そもそも金利の役目とは何でしょうか?出来るだけ平易に書いてみたいと思います。

金利はその国の景気状態を反映します。例えば、景気が非常に好調だと、需要が旺盛で生産能力が足らなくなり、モノの値段は人件費が上がるようになり、インフレ率が上昇します。インフレの高騰を抑えるのが中央銀行(日本では日銀)の大事な役目です。好調な景気が続くと、景気が過熱して物価が急騰する恐れが出てくるため、日銀は金利を引き上げて景気を抑えて物価が上昇しないように努めます。金利が上がると、企業が設備投資のための借り入れをしにくくなり、住宅ローンが上がれば住宅着工も減り、不動産投資も減少し、景気が鈍化し、物価も落ち着きます。逆に金利を引き下げる時は、この逆になります。景気が悪く、物価も下落傾向。金利を下げて企業が銀行借り入れをしやすくして設備投資を活発化させようとします。個人は住宅購入を考えます。従って、金利を下げるのは景気をよくしたいから行います。

昔は金利の変動幅が少なく、景気の変動幅が大きい時代が続きました。今は、景気に先行して金利が大きく変動し、景気の変動幅を小さくするようになりました。景気が悪くなりそうだと、長期金利と短期金利が大きく下がって景気の下支えをして不況になるのを防ぎます。しかし、モノが十分すぎるほどあふれている日本では、これが機能しなくなりました。設備投資がいきわたった日本、今後人口が徐々に減少する日本では、金利が下がったからといって新たに設備投資をしようという意欲が湧きません。金利が下がっても、景気が良くならない日本です。

金利には2種類あります。日銀が決める短期金利。市場が決める長期金利(短期は1年以内、長期は1年以上の期間を指します)。日銀が政策金利(短期金利)を上げ下げして景気と物価をコントロールしようとします(昔は公定歩合の上げ下げを日銀がしました)。一方、1年以上の国債の金利は日銀が決めるのではなく、市場が決めます。市場が決めるというのは、銀行、生保、投資信託、年金基金などが投資家として国債を市場で売買して、その結果で決まるということです。投資家の国債に対する買い意欲が強いと価格が上がり金利が下がります(売り意欲が強いと価格が下がり金利が上がります、2016年2月9日のブログ参照)。

日銀の黒田総裁は、さらに金利を引き下げる用意があると発言しました。すなわち、景気は良くないという事です。景気が良くて物価が上がる状態であれば、金利を引き上げます。アベノミクスは成功していると安倍首相は言いますが、金利をさらに下げるという事は景気が良くないという事を表しているので、アベノミクスは成功しているとは言えないと思います。アベノミクスは単に円安と株高をもたらしただけで、実体経済を向上させてはいないという事です。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 20時09分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1737-293e0d85

PREV | PAGE-SELECT | NEXT