1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東日本大震災から5年


今日で東日本大震災から丸5年が経過しました。5年間あっという間でした。未だに行方不明の方が数多くいらっしゃいます。この経験を日本人全員が今後の震災による被害を最小化することにに活かさないと、被災された方々に対して申し訳ないと思います。しかし、地震予知、火山噴火予知といった項目は選挙の票になかなかつながらないので、政治家は関心が薄いのが残念です。

私の自宅でしている災害準備・対策
水、非常食の保管
簡易式トイレの保管
ベッドサイドにスリッパ(ガラスの破片対策)
就寝時に枕元にスマホを置く(情報入手、簡易ライト用)
マンションの防災訓練に参加 マンションの広場が家族の集合場所
地震の揺れが大きい時は、必ず玄関のドアを開ける
家具は据え付けか高さの低い物、食器戸棚も引き戸で食器が飛び出しにくい
車のガソリンが半分になったら、満タンにする
手動で発電できるラジオ/ライト/充電器を用意

非常食では「救缶鳥」というサービスを使っています。これは、カンパンのように固いパンではなくソフトなパンで3種類の味がある缶入りパンです。3年間の消費期限がありますが、この「救缶鳥」サービスでは2年経過した時点で案内状が届きます。これに申し込むと、残り1年間のパンを回収して、食糧不足に悩む国への援助目的で送られます。同時に新しいパン(15缶入り)が割引価格で届きます。先月、更新しました。
http://www.panakimoto.com/kyucancho/

是非、みなさんも災害準備・対策をチェックしてみませんか

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1734-575da5ae

PREV | PAGE-SELECT | NEXT