1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

評論家と実務家


経済評論家、株式評論家、自動車評論家など様々な評論家がいます。一方、実務家とは、実際に会社を経営する人、株式投資のファンドマネージャー、自動車を設計製造する人…。

会社の中でも、評論家はいます。会社の方針に色々イチャモンをつける人、後講釈でだから失敗すると思ったという人、こうするべきと話すが実行しない人。一番たちの悪い評論家は、優秀なのに当事者意識がなく行動を起こさず、批判ばかりして周囲に悪影響を及ぼす人物です。評論家は結果責任を問われません。
実務家は全て結果責任を問われます。経営者は、利益を残したか、会社を伸ばしたか問われます。会社を倒産させれば、自己破産します。経済評論家は景気見通しが外れても結果責任を問われません。ファンドマネージャーは運用成績が悪ければ運用から外されますが、株式評論家は居座り続けます(予想を外し続けると会社に居づらくなりますが、同業他社に転職して同じ仕事を始めます)。

会社が必要なのは、当事者意識を持って、自分で考えて行動し、結果を踏まえて次の行動に移せる人物です。あなたは評論家ですか、実務家ですか? 

おまけ
全日空が国際線を飛ばすようになって今年で30年を迎えました。それ以前は、日本航空か海外の航空会社(シンガポール航空)を使って中近東に出張しましたが、全日空が主要都市に飛ぶようになってからはロンドンやニューヨークに出張する時には全日空を必ず使うようになりました。最初は、国内線しか飛ばしたことがない田舎航空会社とバカにした乗客がいたそうですが、今では日本航空のように倒産せずに、高い評価を得ています。何故、全日空を選んだのか?日本航空は親方日の丸で態度が大きくサービスが悪かったのに対し、初めての国際線で一生懸命頑張る全日空を応援しようと思ったのがきっかけでした。
おまけ
新国立競技場。聖火台を置く場所がない。信じがたいアホな話です。全体を統括して見れる人がいない組織。お粗末の一言です。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1729-9cfaa63f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT