1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スーツをカッコよく着る


スーツを仕事着としている男性ビジネスマン向けです。でも、かしこまった時にのみスーツを着るという人にも参考になります。
全てをやる必要はありませんが、出来ることはやってみましょう:
●スーツを試着する時に注意すること
スーツは肩で着ます。肩があっていて大きすぎず小さすぎず。
上着の着丈が長すぎず、短すぎず(お尻が程よく隠れる長さ)。
袖からシャツが1~1.5センチ程度見える長さ(シャツが長ければアームバンドで調整)。
上着の前ボタンを閉めて手のひらが入る余裕がある(昔言われたげんこつは大きすぎます)。
背中にしわが入っていない(店員に見てもらいましょう)。
パンツの裾はダブルがビジネスマン向け(ストレートはフォーマル向け)長さは靴に若干かかる程度の長さ。ダブルの幅は4~4.5センチ
上襟が首筋にピッタリ沿う形が良い。上襟が浮いているのはダメ(後姿を店員チェック)。
スーツの色柄。色は濃紺かグレー。黒はNG。無地か細めのストライプ。チェックはカジュアル感。
●日常の着こなしと手入れ
上着のボタン。二つの場合は上だけ、三つボタンは真ん中だけかける。下はかけない。
シャツの襟はセミワイドと呼ばれる襟羽根の開き角度が120~150度で、シャツの襟の端が上着の襟の下に隠れるのが粋。ボタンダウンはカジュアル向き。
靴下。黒か濃い紺色か濃いグレーがおすすめ。白いスポーツソックスとスケスケの靴下はNG。座った時に毛脛を見せないためにハイソックス(正式にはロングホーズ)が好ましい。
パンツのクリース(線)はキッチリ入れる。アイロン、ズボンプレッサー等できれいに。
上着とパンツのポケットに物を入れ過ぎない。
帰宅したら、上着をブラッシングして、しわ取り/臭い取りスプレーをかける。
上着を細い針金ハンガーにかけない。型崩れします。湾曲し太めのハンガーにかける。
靴もブラッシングをして、シューキーパー(形を整える)を入れる。
靴もスーツも連日着用しない。最低限1日休ませる。出来れば2日間休ませる。
ネクタイの長さに注意、太い先端はベルトの位置に、細い先端は長ければパンツに入れる。
ネクタイの結び目の下にディンプル(くぼみ)を作るのがお勧めだが、葬式の時はNG。
ベルトの穴は、5つ穴の内真ん中3つ目で留めるように、ベルトの長さを調整する。
スーツにローファー(学生時代によく履いた靴)は避ける。替え上着スタイルならOK。
必ず持っていたい靴は、黒の内羽式ストレートチップ。仕事、冠婚葬祭全てOK。

こんなにあると面倒ですか?でも、ビジネスマンがはじめて商談に訪問する時、これを守れていたら相手に好印象を与えるのは間違いありません。

スポンサーサイト

| ファッション | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1721-5126d349

PREV | PAGE-SELECT | NEXT