1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

銀行預金


皆さんは「銀行にお金を預ける」という表現をしたことがありませんか?本来、相手に何かを預かってもらったら、こちらが手数料を払うのが普通です。例えば、銀行の貸金庫。大切な家の権利書や金の延べ棒を貸金庫に保管しているかもしれません。当然、こちらが貸金庫の使用料を支払います。預金は銀行に「預かってもらっている」のではなく、「お金を貸している」のが正しい理解です。銀行は私たちからお金を借りているから、金利を支払ってくれるのです。もっとも、今は無きに等しいですが。時間外にATMを使うと手数料で預金につく利息よりも大きい金額になります。

個人が銀行にお金を貸して利息をもらう。利息を払って借りたお金を、銀行は企業への融資、個人の住宅ローン融資、国債を買う等をして支払利息を上回る収益を得ます。銀行の金利はほとんど横並びで同じです。今では、銀行はほとんど倒産しない前提(ゼロとは言いません)で金利が低くなっています。お金を貸す時に、信用度の低い人(もしくは企業)には金利を高くします。なぜなら、貸したお金を回収できないリスクがあるので、万が一に備えて金利を高くします。金利が高ければ、返済がとん挫するリスクのある人(企業)はお金を借りることを躊躇します。消費者金融のバカ高い金利でも借りる人は、もっと低い金利で借りることができないから仕方なく借りるわけです。返済が間違いなく実行される人(企業)は低い金利でお金を調達することが出来ます。そのトップが日本国で、政府が発行する国債になります。従って、国債金利がマイナス金利、銀行の普通預金定期預金がゼロよりもちょっとだけ高い、信用力が劣る企業が銀行から借りる金利はもっと高くなります。

金融機関同士で資金のやり取りをする場合は、信用力に欠ける金融機関は高い金利を払うか、借り入れること自体が出来ずに、ついには倒産します(山一證券等が該当します)。ちなみに、ネット銀行の利息が都銀などよりも高いのは、支店や人員を持つ必要がないので経費が少なくて済むためです。

銀行預金がゼロだからと言ってタンス預金は止めましょう。泥棒にあうリスク、高齢者がオレオレ詐欺にあうリスクが高まります。手数料を払わずに、銀行口座を維持できて、公共料金の自動振り替えなど便利な機能を利用できていると思いましょう。

ちなみに、銀行は融資金利が下がり、国債から得られる金利が減る為、銀行が儲かる投資信託を個人にもっと売ろうと画策します。要注意です。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1719-b3a15550

PREV | PAGE-SELECT | NEXT