1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末雑感


1. 株式相場観
世界的に株式市場が下げています。日本人投資家は、株式市場がどこまで下がるのか、どこで買うのが良いのか、といった相場観の話をするのが好きです。しかし、私が勤めた米系投資顧問会社では、相場観の話をしません。ニューヨークとの電話会議でも、ファンドマネージャー(FM)がアナリストに訊くのは、「割安になって今買うべき銘柄は何か」ばかりでした。彼らは、株式市場に強気になるか弱気になるかよりも、銘柄選定に集中します。日本人FMは株式と現金の組入比率を変えることで市場に勝とうとします。米国人FMは銘柄選定で市場に勝とうとします。投資哲学が異なります。
2. 安いものにはわけがある
軽井沢のバス事故。安くするには、何らかのコストを削らざるを得ません。何でも安いのが最優先という長年続いたデフレ時代の名残で、安さが最優先されがちです。しかし、安いという事は働く人に何らかの負担を掛けます。長距離バスの運賃に関して最低価格が国交省によって設定されています。これを下回る価格を持ちかける旅行会社、安値を受けてしまうバス会社、双方に問題があります。食の安全面から見ても、異常に安いお弁当などには何らかのリスクがあると考えたほうが良いと個人的には思っています。高い品質の製品・サービスを、会社が人や設備に再投資できるような妥当な価格で提供するのが、ビジネスを長持ちさせる一番の基本だと思います。消費者も安さが一番という考え方を改めるべきだと思います。
3. 中学入学試験
千葉や埼玉で私立中学入試が始まり、2月1日からは都内でも私立中学入試が始まります。その後私立公立高校入試、大学入試と続きます。受験生皆全員がインフルエンザに罹らず、これまで蓄えた実力を発揮できることを祈っています。
4. 東洋証券
女優の壇れいが出演する同社のテレビ広告。顧客の5割が顧客の紹介によるとの事。本当なら、凄いですね。レストランや旅館などのサービス業では口コミや紹介が多くなるのは理解できますが、証券会社で5割というのは驚きです。大手証券は担当者が3年ごとに変わったりします。中小証券だと同じ担当者が長く担当して信頼感があるのでしょうか?
5. 今年の景気のリスク
みずほ総研のチーフエコノミストの高田創氏に「今年の景気の最大のリスクは何か?」と訊く機会がありました。彼の答えは「米国の景気が腰砕けになること、中国景気が予想以上に悪化すること」の二つでした。どちらもあり得る話なので、今年の景気は不安要素が多いです。
6. 甘利大臣
週刊文春の記事を読みましたが、非常に詳細に記述されており、ほぼ真実と思えます。甘利大臣、アウトでしょ。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時28分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

原油に株価、相次ぐバス事故、芸能ネタに甘利大臣。今年は出だしから色々あります。
我が業界、減らした大手も動いていますし、どうなることやら…。

| (山) | 2016/01/22 08:52 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1700-12543f49

PREV | PAGE-SELECT | NEXT