1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

貧乏ゆすりが命を救う

週刊ダイヤモンドに掲載された記事です。座位時間が長いと出てしまう貧乏ゆすり。家族からみっともないと言われそうだが、英国の疫学調査によれば貧乏ゆすりで死亡リスクが下るようです。調査対象が英国の37歳~78歳の女性(平均55.8歳)13,000人。貧乏ゆすりのレベルは「全くしない」から「常にする」迄の10段階で評価。座位時間、貧乏ゆすりの程度と平均12年間の追跡期間中の全死亡との関連を調べました。

1日の座位時間が長く、貧乏ゆすりをほとんどしない(レベル1~2)の女性の死亡リスクが1.3なのに対し、貧乏ゆすりをある程度する(レベル3~4)では0.75、頻繁に行う(レベル5~10)は0.76に低下。貧乏ゆすりは座りっぱなしに関連する全死亡を減らす可能性があると考えられるそうです。座りっぱなしの時間が長いほど2型糖尿病や心血管疾患の発症率が上昇し死亡リスクが増加するそうです。昼間はデスクワーク中心、車移動中心、家でもゴロゴロの現代人にとって他人事(私を含めて)ではありません。貧乏ゆすりが全死亡リスクを下げる要因は不明。しかし、1日当たり2.5時間貧乏ゆすりをするカロリーは1日1時間の散歩に匹敵し、うっ血した決行の改善も期待できるそうです(2.5時間の貧乏ゆすりは容易ではありませんが…)。

飛行機に長時間乗っていると、エコノミークラス症候群を予防する目的で、モニターに足首を動かす体操を流します。

私も貧乏ゆすりをすると下半身の血行を良くする効果があるというので、貧乏ゆすりをしていることがありますが、2時間半はちょっと無理です。会社のデスクに向かって仕事をしている時は、時々貧乏ゆすりをするように心がけましょう。周囲の人は大目に見てあげてください。

おまけ
マクドナルドが店舗の閉店を進める一方、アメリカの高級バーガーが人気を呼んでいます。私が好きな高級ハンバーガーは、北千住のサニーダイナーです。値段は高いですが、味とボリュームが良く(私と妻で1個を半分ずつにして、カロリーを抑えています)、フライドポテトもおいしいです。宅配もしてくれます。北千住のルミネと路面店があります。是非、お試しを…。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1675-513a1d51

PREV | PAGE-SELECT | NEXT