1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

教師(マネージャー)の4段階


日経トップリーダーに掲載された文章を引用します:
『凡庸な教師は指示をする。良い教師は説明をする。優れた教師は範となる。偉大な教師は内なる心に火をつける』これは、カナダの教育者ウィリアム・ウォードの名言。
教師を経営者、マネージャーに置き換えても、そのまま通用します。

理由や背景を説明せずに、これをしろと指示するマネージャーは最悪。
なぜこの作業をするのか理由や背景を説明したうえで指示をするのが良いマネージャー。
模範を示すのが良いマネージャー。
部下のやる気に火をつけるのが偉大なマネージャー。

では、社員の心にいかに火をつけるか?人間は「拍手の量」で働く生き物。同僚が評価してくれるのも拍手。家族から「パパ凄い」と言われるのも拍手。得意先から感謝されるのも拍手。賞与が増えるのも拍手。様々な拍手の量を増やしたくて人間が働く生き物。そのためには、仕事を任せて自分で考え、行動して成し遂げたら、たくさんの拍手が得られる。これは、私の「知恵と情熱、自考自行」と相通じるものと言えます。仕事を任せられること自体が拍手とも言えます。

指示する代わりに、質問をするのが良い方法と言えます。部下から相談を受けたら、マネージャーが判断して「こうしろ」と指示するのではなく、「君はどうしたら良いと思う?」と質問をして、自分で判断させるようにすると心に火をつける第一歩となります。

松下幸之助氏は病弱で、自分が出来ない事を、他人を通して成し遂げることに長けた人でした。経営とは、他人を通して事を成すこと。マネージャーも自分一人で成果を残すことはできません。部下の協力があって初めて成果を残すことが出来ます。部下の心にいかに火をつけるか?指示だけしたら、火を消すばかりです。しかし、丸投げは無責任で、マネージャーとしての責任放棄です。

おまけ
相手が言った言葉をそのまま言い返すことで、親密感を持たせるテクニックをバックトラッキングといいます。
例)
相手:私ケーキが好きなの。
パターン①
自分:そうなんだ!
パターン②
自分:へぇ、ケーキが好きなんだ。
②の方が話を聞いてる様に感じるられ、好印象を与えなす。
会社での会話、夫婦間の会話、子供とも会話、何でも使えます。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1668-c660f363

PREV | PAGE-SELECT | NEXT