1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白湯(さゆ)


東洋経済ネットに掲載された記事です:
『白湯(さゆ)は、沸騰させたお湯をぬるめに冷ましたもの。湯冷ましとも呼ばれ、病人や新生児などの体にも負担が少ないとされていたので、昔から薬を飲む際に飲まれていました。最近では、ダイエット効果やデトックス効果が話題になり、多くの芸能人も実践していることから、女性の間でブームになりました。もちろん、女性だけではなく、「風邪をひきやすくなった」「冷え症になった」など、加齢による体の変化を感じている中年男性にも効果的です。

白湯は冷たい水と違って、一度沸騰させているため不純物も少なく、体の中を冷やすおそれもありません。白湯が新鮮な水分として補給されることで、体に溜まっている余分な水分を排出し、血流などの循環が活性化されます。冷たい水のまま飲むと、温度を上げようとして、内臓がエネルギーを使います(なので、冷たい水はダイエットに良いという説もあります)。しかし白湯は温かいまま内臓に届くため、消化が促進されて老廃物の排出も効率がよくなります。内臓温度が1度上がると免疫力が30%上がるとされています。基礎代謝は12%上がります。これから感染症が流行する時期ですから、免疫力をあげることは重要です。また、胃腸などの臓器が活性化されると代謝が上がり、熱を生み出すので、末梢の冷えにも効果が期待できます。そのほかの臓器にもいい影響があります。普通の水と違って白湯は体に浸透しやすく、新鮮な水分の補給が効率よくできるため、利尿作用が高まります。それにより老廃物が洗い流されて、肝臓や腎臓の働きも活性化されます。

朝起きた際は体が水分不足になっています。その際には、冷たい水より体温に近い白湯の方が、体に吸収されやすいため効果的です。また糖分の多い飲み物よりも体に優しいと言えるでしょう。しかし、デトックス効果の高い白湯は、飲みすぎると逆効果になってしまいます。必要なものまで排出してしまうことも考えられるので、1日に800ミリリットル程度が理想です。起床時・睡眠前・食事の前に少しずつ飲むことをおすすめします。』

有名な女性モデルも白湯を飲むと聞いたことがあります。私はマッサージを受ける前後に白湯を飲みます。出社時に自動販売機で水やお茶を買いますが、冷たいまま飲むことをせずに、常温になってから飲むようにしています。これから寒くなり、風邪をひきやすくなる時ほど白湯はお薦めという事のようです。

おまけ
集団で何らかの作業をすると手抜き作業をする人が出てくる。これを「リンゲルマン効果」という。これは、集団になればなるほど「他の人がなんとかしてくれるだろう」という手抜きの心理が無意識のうちに働くため。新国立競技場やシンボルマークのトラブルも集団の無責任体制の結果です。
おまけ
野球。球数が少なかったので大谷にそのまま投げさせておけばと思った人が多いのでは?

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1663-c3e6d57b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT