1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

努力と目標、幸せと成功


努力することはとても大切なことなのですが、評価や結果を気にせずに努力を続けるともったいない気がします。評価とは、お客さまや働く仲間に喜んでもらう、資格を取る、社会から認められるなどです。プロ野球選手が、いくら努力しても本番の試合で打てなければ誰も評価しません。逆に練習をさぼっていても、公式戦で結果を出せば評価されます。努力しなければ結果は出ませんが、努力しているだけではどこにも到達しないことも少なくないのです。「散歩のついでに富士山に登った人はない」というフレーズがあります。富士山の頂上を目指すという目標があるから努力するわけです。努力するからには、人から評価を受けるレベルになることが大切で、誰も喜ばせることはできませんし、社会にも貢献しません。努力をすることはもちろん大切なことなのですが、目標なしの努力というのは、結局は、人に喜んでもらうこともできず、「努力の自己満足」で終わっていることが多くあります。大学受験でも、どこの大学に入って何を学ぶかハッキリしている人は合格しますし、あいまいな人は勉強に今一つ力が入らず失敗します。「お客さま第一」ということを言わない会社はないと思いますが、お客さまに喜んでいただくというのは、もちろん大切な評価です。評価のために仕事をしろというのではなく、評価されるぐらいの仕事や努力をしなければなりません。ましてや、プロならお客さまだけでなく、社会からも評価されるようなレベルの仕事をしたいものです。

「幸せ」と「成功」は共通しているようで、異なる部分があります。幸せというのは、自分で決めるもので、たとえ資産がなくても自分が今の生活に満足していれば幸せです。お金持ちであることが幸せの基準にはなりません。一方、成功とは他人が決めるものだと言えます。自分を成功者と呼ぶ人はいません。自分以外の人があの人は成功者と呼びます。理想は、お客さま、働く仲間、そして社会からも十分に評価され、そして自分でも満足のいく人生を送ることです。

自己満足で終わることなく「なれる最高の自分」を目指しながら、自分の生きる意義である「目的」や周りの人や社会からの評価を含めた「目標」をしっかり持つことが大切です。

おまけ
怒りやストレスがある時は額に手を当てて目を閉じるといい。触れることで血流が増加、頭葉が活性化してストレスが軽減される。科学的に証明されているそうです。
おまけ
13日の金曜日で「ジェイソン」。これが分る人は40歳以上かもしれません。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1658-58ba09fc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT