1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ストレスチェック

今年12月1日より、労働安全衛生法の一部改正により、メンタルヘルス対策の充実・強化を目的として、従業員50人以上の全ての企業にストレスチェックと面接の実施が義務化されることになりました(50人未満の企業は当面努力義務)。

ストレスチェック制度とは、従業員のメンタル状態を把握するために定期的な検査が企業に義務付けられます。その目的は、
・従業員自身にストレス状況の気付きを促し、メンタルヘルス不調リスクの低減につなげる
・メンタルヘルス不調リスクの高い従業員を早期に発見し、メンタルヘルス不調を未然に防止する。
・職場におけるストレス要因を分析し、職場環境の改善につなげることでストレス要因そのものを低減させる。

実際には、以下の流れで実施されます
・年1回の検査を実施する。人事権のない有資格者(医師・保健師・看護師・精神保健福祉士)が行う。企業自身が検査の実施主体にはなれず、外部の有資格者に委託します。
・結果通知。結果は実施者から本人に直接通知します。企業は本人の同意がなければ結果を知ることが出来ないので、従業員への同意の有無の確認が必要となります。
・面接指導。高ストレス状態との結果を通知された従業員は、希望により医師による面接指導を受けることが出来ます。
・医師から意見聴取。企業は面接指導を行った医師等から、時間外労働の制限や配置転換等について意見を聴きます。この意見を勘案して、必要があると認める場合は労働時間の短縮や就業場所の変更など、就業上の措置を講じる必要があります。

コーワでも、外部委託先等を中心とした実施方法を現在調査検討しています。追って、具体的な方法が決まれば社員の皆さんにご報告します。

私がキヤノンで勤務し、韓国関連の仕事をした期間。韓国独特の習慣等で、仕事がうまく進まず3か月程度「うつ状態」になったことがあります。食欲がなく、食べ物の味が分らず、新聞を読んでも活字が目に入ってこない、子供と遊ぶ元気がない、日曜日の夜から月曜日の朝が嫌で仕方がない、といった状態になりました。医者に掛からず、何とか治りましたが、その後金融業界への転職をすることとなりました。うつ状態は非常に辛いです。ストレスチェックの実施で、未然にうつの防止につなげたいと思います。

おまけ
日経トレンディが選ぶ2015年ヒット商品ランキング
1位 北陸新幹線
2位 花火
3位 インバウンド消費
4位 コンビニドーナッツ
5位 ココナッツオイル
6位 ガウチョパンツ
7位 チョイ呑み
8位 明治プロビオヨーグルトPA-3
9位 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ
10位 アップルウォッチ
どれだけ頭にイメージが浮かびましたか?

おまけ
会社の電話に出るのが怖くて退職する新人社員が多いそうです。携帯でしか話さない影響でしょうか? 私は、アメリカの大学院で奨学金をもらう代わりに、学内で週10時間の仕事をしました(成績上位が最初の条件でした)。仕事が大学院の事務所での手伝いで、電話がかかってくるのが怖かった記憶があります。私から電話を掛けるのはいいのですが、掛かってくる電話では内容はさまざまで、喋る英語も人によってさまざま、まして電話では聞き取りにくい、ということで電話を受けるのが恐怖でした。英語力の無さをはやばやと察知されて(涙)、芝刈りやハンバーガーを作る場所に変わった時はホッとしたのを今でも思い出します(笑)。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1653-2976c188

PREV | PAGE-SELECT | NEXT