1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おしゃれ

服装について書くので、関心のない方はスキップしてください。

人は「おしゃれですね」と言われると気恥ずかしくなって、「洋服のセンスがいいですね」と言われると嬉しく感じるそうです。「おしゃれ」というと相当気張っている印象が出るのに対し、「センス」と言うと自然体のカッコ良さを感じるのかもしれません。

私は洋服を買うのが好きで、趣味と言ってもいいかもしれません(笑)。私が中学生から高校生の時代は(45年前後前)、故石津健介氏が代表を務めたVANジャケットというブランドが格好よくて好んで着ていました。VANは米国東海岸の複数の名門大学が集まった「アイビーリーグ」の学生が着るファッションでした。VANの服は、ボタンダウンシャツ、チノパンツ、ローファー、スニーカー/バスケットシューズ、紺のブレザーなどで「アイビールック(現在はトラッドファッション)」と呼ばれました(60歳以上の人なら懐かしいと言ってもらえると思います)。学生時代、学校のそばにVANジャケットのお店があって、そこで服を買うとVANと書いてある袋をくれて、それに物を入れて歩くのが流行った時代でした。昔、銀座のみゆき通りにそんな恰好をする若者が集まり、みゆき族と呼ばれました。みゆき族が愛用したのが、1960年に銀座に開業したテイジンメンズショップ(通称テイメン)という男性向け専門店で、今では一般的となったセレクトショップの先駆けとなりました。今では、ビームス、ユナイテッドアローズ等の知名度が高いですが、私はテイメンを永年愛用し、私が着る服をここでしか買いません(他のお店で探し回って選ぶのが面倒という歳のせいもありますが…)。

年齢を重ねるとともに、体型やヘアスタイルも変わります。昔の服のままでいると、何となく似合わなくなります。20代の時は学生時代のスタイルの延長線上でも構いませんが、30代40代になっても同様のスタイルだと似合わなくなります。また、バブルのころはサイズの大きなダブルのスーツがはやりましたが、今は上着が細く丈も短くなり、パンツは細くなっています。体型が変化しなくても、古い洋服は何となく野暮ったく見えます。たまには、奥さんと一緒に服選びに行ってみませんか?普段とは違う会話も弾むと思います(笑)。

スポンサーサイト

| 休日 | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1647-58aedb37

PREV | PAGE-SELECT | NEXT