1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人は合理的に判断できるか?


株式市場が中国発のニュースで急落すると、自分が保有する銘柄が中国景気と関係のないものであっても、狼狽して売却してしまう事があります。翌日、売られ過ぎた反動で急騰したりして、慌てて売らなければよかったのに、と後悔します。全ての投資家が合理的に判断できるのなら、株価は大きな変動ではなく小さな変動になります。株価があるべき水準からは慣れたら、合理的な投資家はすぐ買うか、保有者は売るかするので、本来あるべき株価にすぐ落ち着きますが、実際はそうなりません。

バーゲンでお買い得と思って買ってみたが、一度も着用しないでタンスの肥やしになっている服がありませんか?3割引き、4割引きといった表示に目が奪われ、本当に気に入ったものなのか、本当に必要なものなのか、既に持っている服とかぶっていないか、来年も流行ると思われるスタイルなのか、そういった思考が一切行われず衝動買いしてしまいます(私も経験あります)。支払った費用がもったいなくて、処分できません。これをサンクコストと呼びます。しかし、1年間ないし2年間一度も気なかった服は今後も来ません。箪笥にその服があるのを見ると、自己嫌悪に陥ります。

焼き肉やしゃぶしゃぶの食べ放題といったお店に行ったことがある人は多いのではないでしょうか?一般的に、レストランの食事の価格に占める原価率は3割と言われます。食べ放題の焼き肉店は人件費を含めて3割と言われます。そうすると、ギャル曾根のような大食漢でないと元を取れない仕組みになっています。赤字で食べ放題のお店を続けることはできません。ドリンクバーも、7杯から8杯飲まないと元を取れないと言われます。普通に食べたいものを注文して普通に支払ったほうが、結局は安くつくようです。しかし、食べ放題という言葉に人間は弱いようです。

人間は、物事を合理的に判断できない生き物であると思います。人間は価格だけで購入する相手(もしくは品物)を決めません。様々な要因を加味して判断して決めます。不合理な部分があるから、人間は面白いのだと思います。

おまけ
カロリーメイトの新しいテレビコマーシャル。話題の黒板アート6,328枚を使った動画を見られます。パラパラ漫画とは違った感動ものです。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1646-fd1eccbf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT