1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人の採用はコスト?投資?


決算書類では、人件費は費用・コストに分類されます。しかし、人間は自分がもらう給与がコストだと言われるよりも、投資だと言われる方が気分はいいですね。工場の機械を購入すると数億円かかります。しかし、1人の社員に40年働いてもらうと2億円といった投資になります(コストではありません)。機械は新規に稼働した時が、一番性能が良い時です。しかし、人間は経験を積むことでより高いレベルの仕事を出来るように成長していきます。これは、投資という名に値すると私は考えます。投資と考えれば、無駄にはできない大切なものと考えます。人の採用にも慎重になります。人は、他人から大切に思われることに対して、決して悪い気はしないものです。大切に思われることで、最大の成果を出すようなモチベーションにつながるかもしれません。

決算書類の中のバランスシート(貸借対照表)には、会社の財務状態(現預金、在庫、売掛金、固定資産、借入金、買掛金、自己資本など)が開示されていますが、一番肝心な人材が資産としては計上されません(あくまでも損益計算書の費用の項目として計上されます)。銀行はバランスシートを見て融資の判断をしますが、人材の質まで見ることはできません。会社の強みとして人財があることを、ビジネスの様々な局面でPRすることが大事だと思います。

おまけ
世界的な株安が進んでいます。一番の原因は、中国の景気減速です。中国の資源爆買いが減り原油価格が下落しエネルギー株比率が高い米国株やオーストラリア株が売られ、中国国内の自動車販売が減る予想でドイツの株価指数DAXが大きく下落、中国人の爆買いが減る予想で日本のインバウンド関連株が売られ、中国の上海株価指数は震源地なので当然下げています。米国の利上げがいつかという懸念もある為、当面は株価の上値が重い展開になりそうです。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1605-a7cd3d12

PREV | PAGE-SELECT | NEXT