1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

連続減収ランキング

東洋経済が、先月標題のデータをまとめていました。企業にとって、売上が減る減収が続くという事は企業の存続にかかわる重大事です。減収の続いた期間のランキングで、増収増益ランキングといった良いデータは見かけるのですが、これは珍しいので抜粋して紹介します。

山陽百貨店   19年  小売り
小僧寿し    12年  持ち帰り寿司
シャルレ    11年  女性下着
ジーンズメイト 11年  小売り
田谷      9年   美容室
天満屋ストア  8年   小売り
メガネスーパー 8年   メガネ小売り
マックハウス  7年   アパレル小売り
任天堂     6年   ゲーム
日本マクドナルド6年   レストラン
ファンケル   5年   化粧品
スリーエフ   4年   コンビニ

任天堂はスマホゲーム進出の遅れ、マクドナルドは食材に対する不安などで減収となったと思いましたが、その前から減収になっていたのですね。

銀行は融資先企業の利益が減るのも嫌いますが、企業の資金繰りが苦しくなるので売上げ減るのも嫌います。5年以上にわたって売り上げが減り続けるというのは、一般的にみて企業の経営に黄信号が灯っていると言っても差し支えないと東洋経済は述べています。

10年以上連続で減収が続いても、コスト削減などで企業を継続できているのはある意味凄いと言えるのかもしれません。

おまけ
今日発売の週刊文春の記事のタイトル。「五輪エンブレムパクリ疑惑佐野研二郎は第2の小保方事件だ!」今後の5年間にわたり、このエンブレムを見続けるのは嫌です。大手企業も佐野氏には発注しなくなるでしょうね。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1603-2c1add9c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT