1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真夏の夜の快眠術


暑い日が続きます。日経グッディに快眠のためのテクニックが紹介されていたので引用します(昨日に続く健康シリーズです):

『眠れる寝室づくりは、実は朝から始まっている。夏の寝室の暑さの一因は、日中に室内に差し込む熱い日差しにより、壁や寝具に熱が蓄積され、その熱のために就寝時間になっても室内の温度が下がりきらないことにあるという。次のような工夫をして、できるだけ日中、室内に熱がこもるのを防ごう。
1)窓に遮熱シートを貼る、2)遮光・遮熱カーテンにする、3)窓の外に遮光ネットやすだれ、緑のカーテン(つる性の植物をネットに這わせたもの)をかける、4)日中はカーテンを閉める。
夕方帰宅したら、まずは換気をすることも大切だ。外気が室温よりも涼しくなった頃を見計らい、窓を開けて外気を取り込み、寝室にこもった熱を逃がそう。寝室内の空気を動かすことが大切なので、ドアも開けて空気の通り道をつくり、寝室全体の空気を入れ替えよう。

エアコンは就寝直前につけるのでは遅い。人間は、かいた汗が蒸発することで体温を下げ、眠りに入っていくが、エアコンをつけたばかりで十分に冷えていない高温多湿の空間では、汗が蒸発しづらく眠りにつきにくい。また、寝る直前にエアコンをつけると、室内の空気しか冷やせないので、タイマーが切れたとたんに壁やクローゼットなどにこもっていた熱が出てきて室内の温度が上昇し、目が覚める原因となってしまうためだ。床につく1~2時間前にはエアコンをつけて、寝室の家具や壁、寝具をクールダウンさせておこう。クローゼットや押し入れ、引き出しにも熱がこもっているので、これらはいったん開けた上で寝室を冷やすのがよい。熱帯夜でもぐっすり眠るためには、寝室の温度・湿度を適度に保つことが重要。夏は室温26℃前後、湿度50%前後が適当といわれている。ただし、冷たい空気は重くて下にたまるので、部屋の上の方と下の方では2~3℃差が出る場合がある。それを考慮し温度設定を考えよう。冷房効率を考えるなら、扇風機やサーキュレーターを併用し空気の循環をよくして温度ムラをなくすと良い。ただし、エアコンの性能や住宅の断熱性には違いがあるので、室内に温湿度計をおいて、自分が快適と感じる温度・湿度を見つけよう。

扇風機の風を体に直接当てたまま寝ると、体温が奪われて寝冷えの状態になったり、冷たい空気が鼻や口から入ることで風邪をひきやすくなる。また、部分的に冷えると血行障害を起こすなどの可能性がある。従って、扇風機のみ単独で使う場合は、次のような使い方を心がけよう。1)一度壁や天井に当てた風を間接的に受ける、2)首振り機能を使い、上向き・微風で体の少し上の空気を混ぜると体感温度が涼しく感じられる、3)リズム風の機能を使えば、自然の状態に近いので身体に負担がない。』

医者によると、寝る前にスポーツドリンクをコップ一杯飲むと、脳梗塞の予防にも有効だそうです。ちなみに、私は寝る前にコップ一杯の水か麦茶を飲み、床に就く2時間前にはエアコンを27度に設定して、そのまま眠ります。まだまだ暑い日が続きます。自分なりの快眠方法を見つけて、十分な睡眠を確保することが熱中症予防にも有効です。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1599-7b75351f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT