1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏やせ?夏太り?


猛暑が続いています。あなたは夏に痩せるタイプですか?それとも太るタイプですか?汗をかいたり、食欲が落ちたりすると痩せると思いがちですが、太る人が多いそうです。私も夏痩せではなく、若干太る方です。日経グッデイで原因と対策を紹介していましたので、引用させていただきます:

気になる夏太りの原因は、「糖質過多」「むくみ」「代謝ダウン」「冷え」。
■原因1:糖質過多
会社帰りのビール、仕事の合間のフラペチーノやアイスクリーム、さらには暑い日の昼食に食べやすいざるそばや冷やしうどん……。これらは全部「糖質」です。この糖質を代謝するのに、体内ではビタミンB群を大量に使うため、他方で体脂肪の代謝が追いつかず、そのまま蓄積されるハメに。これが「さほど食べていないのに太ってきた!?」の原因のひとつだと考えられます。
■原因2:むくみ
むくみは、暑さで血流が悪くなり、余分な水分が顔やお腹、足、腕などにたまって、いわゆる「水太り」状態になっていること。熱中症対策のために水分補給は大切ですが、野菜などに含まれるカリウムが不足しているとむくみやすくなるので、飲料をがぶがぶ飲むだけでなく、夏野菜や果物などからも水分補給するようにしましょう。
■原因3:代謝ダウン
猛暑の中を通勤・外回りする一方、屋内では冷房が効いているので、この時期は1日の間に10℃前後の温度差を経験することになります。そのため、体のエネルギーが消耗し、自律神経が乱れ、人が本来持っている「基礎代謝力」が落ちていきます。そうすると、飲んだり食べたりしたものの消化や代謝の機能も弱くなり、体脂肪として体内に蓄積、だんだんと太っていきます。
■原因4:冷え
冷房で体の芯から冷えてしまったり、冷たい食べ物・飲料で内臓が冷えたりすると、体脂肪の冷えにつながります。体脂肪は温度が上がると溶けやすく、逆に冷えると固まりやすくなります。固まった体脂肪は燃えにくい状態にあるので、いつしか「ぽっちゃり体系」になってしまうのです。

原因別!昼食に選びたいコンビニ飯
●「糖質過多」系夏太りには
糖質カットは重要ですが、夏はただでさえエネルギーを消耗するので、カットしすぎには注意したいところ。適度に糖質を摂りつつ、一緒にビタミンB群を含むキノコ類、赤身肉やレバーも食べておきましょう。
→ レバニラ、冷やし肉味噌冷麺、盛岡風冷麺(チャーシュー入り)、ねばねばそば・うどん(なめこ入り)など
●「むくみ」系夏太りには
むくみは野菜や果物から摂取できるカリウムが足りていないのが原因の一つでしたね。野菜のたくさん入ったメニューを探してみましょう。
→ 冷やし中華、サラダそば・うどん、バンバンジー、春雨サラダなど
●「代謝ダウン」系夏太りには
生姜やわさび、唐辛子など、スパイシーなものを食べると代謝がよくなります。コンビニには夏野菜カレーやピリ辛メニューも揃っているので、“辛い物”をキーワードに探してみましょう。
→ カレーライス、担担麺、キムチメニュー、冷やしピリ辛肉そばなど
●「冷え」系夏太りには
冷たい食べ物でも、香味野菜や根菜は体を温める効果が期待できるので、取り入れてみましょう。冷房の効いた屋内で過ごす時間が長い方は、思い切って温かいメニューを選んでみてください。
→ ゴボウサラダ、さといも煮・さつまいも煮、彩り豆サラダ、温かい麺類(冷たいものなら、わさびや生姜、大葉などの香味野菜をプラス)

夏にカレーライスのような辛くて汗をかく食事はやはり良いのですね。弊社の営業マンは車で外回りをしている最中にコンビニ食を取っている事が多いと思います。また内勤者はエアコンで体が冷えます。コンビニ食だけでなく、自宅での食事でも上記食材をうまく取り入れて猛暑の夏を乗り切って欲しいと思います。

スポンサーサイト

| たべもの | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1598-1260f90e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT