1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「トヨタ仕事の基本大全」OJTソリューションズ 中経出版 その2

トヨタの元副社長で改善の鬼であった大野耐一氏は、「困らんやつほど、困ったやつはいない」すなわち「問題がないという事が最大の問題」という言葉を残しました。問題を発見して改善を繰り返していく事が人を育て会社を強くしていきます。どんな仕事にも大なり小なり必ず問題が潜んでいます。今の仕事のやり方がベストではないと常に疑問を持つことが問題を認識するための第一歩。
「もっと楽できないか」
「もっと物を減らせないか」
「もっとお金を掛けずに済まないか」
「もっと無駄を減らせないか」
「もっと・・・・できないか」という言葉を口ぐせにして仕事を捉えると問題が見つかりやすくなります。

たしかに、問題に気付いていないと「問題ありません」という答えになります。もしくは、問題に気付いていても、解決するのが面倒なのでそのまま放置して「問題ありません」と答えるかもしれません。先輩社員から教えてもらったやり方を全く変えずに非効率なまま継続して、「問題ありません」と答えるかもしれません。全く問題がない組織というのはあり得ません。従って、問題がないというのが問題だという事になります。特に、コーワのやり方しか知らないと、問題点を全く気付かないかもしれません。

私も社長就任当時に「自分の仕事をいかに楽にするか考えて欲しい」と話したことがあります。今はパソコンという便利な道具があり、昔に比べたらはるかに作業が楽になっています。これを読んだ社員の皆さん、もう一度自分の仕事(製造現場、事務作業、配送等)を楽にする方法を考えてみましょう。

おまけ
東京は今日4日連続の猛暑日になりそうです。太平洋高気圧とチベット高気圧が重なって日本列島を覆う形なので、全国的に猛暑日になっているそうです。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1593-e8892dea

PREV | PAGE-SELECT | NEXT