1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕事が好きになる


稲森和夫氏の「働き方」より
『自分が燃える一番良い方法は、仕事を好きになることです。どんな仕事であっても、それに全力を打ち込んでやり遂げれば、大きな達成感と自信が生まれ、また次の目標へ挑戦する意欲が生まれてきます。その繰り返しの中で、更に仕事が好きになります。そうなれば、どんな努力も苦にならなくなり、素晴らしい成果を上げることが出来るのです。』

一般的に、学校を出て会社に就職する新社会人は、営業とか、企画とか、したい職種があっても、希望通りの仕事が出来るとは限りません。自分の意に反する職種を割り当てられるかもしれません。一部には、自分が希望した職種ではないということで、数か月で会社を辞めてしまう新社会人もいると聞きます。たとえば、泥臭い営業活動もしなければならない営業部門を嫌って企画を志望したのに、営業部門や製造部門に配属されたという事で退社してしまう新人がいます。優れた企画を行うには、営業や製造の現場を知っている必要があるのに…、残念です。

与えられた職責を3年間がむしゃらに打ち込んでみる、たとえ自分の希望する仕事と違っていても。周囲の人はそういう姿勢をキチンと見ています。慣れない仕事、好きではない仕事を一生懸命やっていると、徐々に成果が出始めると仕事が面白くなります。面白くなると、更に努力と工夫を重ねて、更に結果がついてきます。私が外資系資産運用会社で勤務した時代の話。厚生年金基金からのA4サイズの質問票1枚に回答する仕事を他に担当する人がおらず、私がやり始めました。回答書は100ページにも及ぶ量になりました。それを続けているうちに、業界でこの仕事をする人数は限られており、その能力を評価されてヘッドハンターから転職の誘いを受けるようになりました。一番やりたかった仕事ではありませんでしたが、打ち込んだおかげで外部からも評価される仕事を出来るようになりました。

特に、今年、昨年、社会人になった人は、3年間今の仕事にがむしゃらに打ち込んでほしいと思います。昔の人が言った「石の上にも3年(実際は3年というよりも長い期間というのが正しいようです)」。3年持つには、最初の3か月が大事です。

おまけ
反対する事項:新国立競技場を今のままのデザインで建設すること、安保法案強行採決
今週の気になる事項:猛暑、台風、株式市場

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1579-2e33cabe

PREV | PAGE-SELECT | NEXT