1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三流、二流、一流


「超一流の雑談力」安田正著を読みました。営業マン向けに見込み客や顧客との会話で雑談力が重要だという事を説き、多くのテクニックを書いています。そのなかで、コミュニケーションに関して、一流、二流、三流をうまく表現していたので引用させていただきます:

三流は、出会った瞬間に悪印象を与える
二流は、記憶や印象に残らない
一流は、最初の1分間で忘れられない人になる

三流は、雑談で相手を不快にする
二流は、何も生み出さない雑談をする
一流は、雑談で信頼を築く

三流は、人の話を全く聞かない
二流は、聞いたふりだけ旨い
一流は、相手が気持ちよくなる聞き方をする

三流は、人に嫌われて帰り、
二流は、すぐに顔と名前を忘れられ、
一流は、たった一回の雑談で親友になれる

三流は、会うたびに評価を下げる
二流は、一向に関係が進展せず悩む
一流は、会えば相手が笑顔になる

三流は、ただただ迷惑がられ、
二流は、検討しますと言って帰され、
一流は、提案したことを感謝される

出来ていないことが判らない人間は三流で終わり、
出来ない事を知り、諦める人間は二流で終わるが、
出来るまで、とことんやりきれる人間が超一流になれる

営業マンは「彼の話をまた聴きたい」と思ってもらえるようになって欲しいと思います。それには、仕事の専門分野の幅広い知識だけでなく、世の中の様々な動きを良く知っていて、会話をするのが楽しいと思ってもらえることが必要です。

おまけ
新国立競技場。当初予算が1,600億円。今の予算が2,500億円、最終は3,000億円になるかも。一般家庭や民間企業なら絶対ありえません。中古マンション購入予算が1,600万円なのに、買うと決めたのが2,500万円、リフォームを加えると3,000万円。ありえないです。自分のお金という意識がない役人と政治家だからこんなことを決めてしまいます。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1566-b2ea16a5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT