1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JAICリーダーカレッジ

弊社が社員教育をお願いしているJAIC社が標題の新しいプログラムを開始しました。1年間に渡り月一回のペースで研修を受講するプログラムで、弊社から2名参加しています。JAICリーダーカレッジでは、リーダーを「周囲を引っ張り、結果を出し続ける人」と定義しています。このプログラムでは「7つの習慣®」をベースとしており、「7つの習慣®」ではこのようなリーダーとなる為には知識やテクニックといった「能力」と同時に、誠実や勇気・思いやりといった「人格」が必要であると言います。人を一本の樹に例えるなら、地面から上の目に見える部分が能力、地面から下の根っことなる部分が人格です。

短期的に望む結果という果実を得るためには枝葉、そして枝葉を支える幹が重要ですが、毎年毎年たくさんの果実をつける大樹となるためには、それらの枝葉、幹を支える根っこが重要です。能力と人格も同様です。短期的には営業力、商談力、技術、段取り力、説得力といった能力があれば結果を上げられます。しかし、中長期的に結果を出し続けるためには、人として尊敬され信頼される人格が必要です。周囲を巻き込んで結果を出すべきリーダーにとっては、人格を磨くことが必要不可欠です。営業テクニックやスキルを高めることに目が行きがちですが、人格、考え方を磨いていかないと周りに信頼される真のリーダーになれませんと、JAICリーダーカレッジでは説きます。

新入社員が先輩社員・上司に期待することが、
1位 人間的に尊敬できる
2位 本気で指導してくれる
3位 相談にのってくれる
4位 公平に評価してくれる
と、能力よりも人格的な部分に期待しています。

信頼できない上司に部下はついていきません。
隠し事をしたり、二枚舌を使い分けたりする上司に部下はついていきません。
部下の成果を横取りする上司に部下はついていきません。
品性のない上司に部下はついていきません。
決断できない上司に部下はついていきません。
能力はあっても部下に対する思いやりがない上司に部下はついていきません。

夫婦でも同じです。稼ぐ力があっても、人格が悪く信頼できない夫に妻はついていきません。会社でも私生活でも、人間性を高めるというのは結果を出すために不可欠な要素だと言えます。

おまけ
秋に始まるリーダーカレッジ第2期にも、2名を参加させます。
おまけ
年金データ漏えい。来年始まるマイナンバー制度も不安です。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時29分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

ご紹介ありがとうございます!!

セミ子のブログでも紹介させていただきます。

| ジェイック F | 2015/06/09 14:10 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1550-aa519fa6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT