1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何を買うかより、誰から買うか?


最近は、服でも、保険でも、書籍等でも、実際の店舗で買うのではなくネットで買う機会が増えています。自動車保険は会社によって保険料は若干差がありますが、内容は似たり寄ったりです。

しかし、実際に店舗に行って購入を決める、自宅にセールスマンが来て購入を決めるというパターンはまだまだあります。例えば、車を購入する、スーツや靴を購入する、自宅を建てる契約をハウスメーカーと結ぶ、といった時には、「どの会社やどのブランド」で「どれ」を買うかも重要ですが、「誰から買うか」というのは非常に重要になります。特に、住宅、車、生命保険といった高額な商品を買う時には、セールスマンの対応の良し悪しが決め手になることが多々あります。車を購入する時のセールスマンが、自分が嫌うタイプだったら、私ならディーラーを替えるか、メーカーそのものを変更するかもしれません(セールスマンを替えて欲しいとは言いにくいです)。住宅建築の契約をする場合、建て主の家族の要望を十分聞きだして最適なプランを提案することはもちろん大切ですが、顧客と営業担当者がお互いに信頼感を抱くことが出来るかが非常に重要になります。生命保険も30年間の支払保険料は住宅購入に次いで大きな出費になるうえに、保険のセールスマンとは長い付き合いになるので、お互いの信頼感や波長が合うという事が大事になります(私も60歳を過ぎて生命保険は既に満期を迎えましたが、27年間で一人の保険のセールスマンと付き合いました)。
スーツを選ぶ際も、自分の好みを熟知しているお店のスタッフからのアドバイスなら安心して買えます。私も決まった店で、長年付き合いのある店長から買います。「どこで何を買うかより、誰から買うか」です。

段ボール製品は、価格で購入する先を決められやすい性質を持っています。だからこそ、弊社の営業マンも、顧客から「あなたから買う」「あなたがいるから発注する」と言ってもらえる営業マンになって欲しいと期待します。そのためには、何が大切か?営業担当者は考えて欲しいと思います。対応の速さ、正直さ、約束厳守、時間厳守、丁寧、気が利く、機転がきく、わかりやすさ、豊富な知識、まめ、熱心、適切な助言、タイムリーな提案、話をじっくり聞く、心からの笑顔、誠心誠意……。自分の性格や行動を基準に、自分の強みとなる項目をより高めて欲しいと期待します。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1537-f06ed9bc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT