1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会社を潰(つぶ)す社長の共通点


NBCコンサルティング社の小雑誌に以下のように書いてありました。
NBCコンサルティング社の代表は倒産する社長の共通点を5つ挙げています:
1. 人情型でお人よし
2. 聴く耳を持たないワンマンタイプ
3. 自信家で傲慢
4. 計数・法律オンチ
5. 技術屋

人情型でお人よし過ぎて、知合いの連帯保証人になって連鎖倒産する、人員削減が出来ずに会社を潰す。社長の最大の責任は会社を潰さない事です。優しい社長よりも、必要な時は厳しい判断もできる社長の方が社員にとって、真の意味で優しい社長と言えると思います。
昭和の右肩上がりの経済の時に会社を大きくした創業社長には、人の意見に耳を傾けないワンマン社長で、自信家で傲慢な人がいます。止める人がいないので、経営判断で暴走したり、無駄遣いをしたり、人事を好き嫌いで判断したりして、会社をおかしくします。
数字が苦手で、財務を経理担当者に任せきりの社長。ドンブリ勘定で、勘で判断してしまいます。経営に必要な法律に関して、「知らなかった」という言い訳はできないにもかかわらず、法律を勉強しようとしない。自分が知識に欠けると思えば、外部の専門家をうまく活用すればよいのに、そういう人に限って専門家を採用してお金を払う事をケチります。間違いを犯して支払うコストを考えれば、専門家を使ったほうがが安いにもかかわらず。
技術屋は、いいモノを作れば売れると勘違いしがちです。現代は、いいモノが売れるのではなく、売れるモノがいい商品なのです。いいモノを理解しない消費者が悪いと勘違いします。

私はどうでしょうか?人にやさしいですが、必要な時は厳しい判断をしていると自分では思います(他人がどう思うかはわかりません)。ワンマンタイプ、自信家、傲慢ではありません。絶えず、私以外の取締役や部長の意見を聴きます。何故なら、私が自信を持って得意と言えるのが財務しかないために、製造関連では工場長の意見を尊重します。計数は得意です。法律は勉強して、顧問弁護士を活用しています。技術屋、典型的私立文系である私と正反対です。

私が会社を継ぐ時に親父に言った言葉。「会社を大きくできる自信はないが、会社を潰さない自信はある」と大口をたたきました。5つの共通点は該当しないので、会社を潰す確率は多少低くできているのかなと思います。

おまけ
サイトで見かけた新入社員の笑い話
「『出社したら、最初に机拭いてね』と頼んだら、机をフーッと吹いてた。ジョークだと思って『アホなことやってないで、ちゃんと拭いてね』って言ったら、ものすごい勢いで息吸い込んで思いっきり“フ~っ”って。一応、彼、T大卒なんだけどね」
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1531-8b24bc6e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT