1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素直さ


あるサイトで見つけた文章です:

『人間力をつけるためには素直でいることは必須です。素直でなければ、色々なことを経験しても反省、学び、向上がないので、人間力はつきません。人間力の測り方はありませんが、目安になるとすれば、人間的魅力になるでしょう。この人についていきたい、この人といっしょに働きたいと思わせるような魅力です。偉人や本物の成功者にはその人間的魅力があるようです。それも圧倒的と言えるほどの魅力が。そしてその魅力は素直さに裏付けられています。

人間的魅力のある人は、謙虚で向上心がありますので、とても素直です。逆に素直であるからこそ人間的魅力があるとも言えますが。松下電器産業(現パナソニック)創業者で「経営の神様」と言われていた松下幸之助さんは、人生で成功し続ける鍵となるのが、どんな立場になっても生涯素直であり続けることだと言います。

人間ですから、リーダーや上司たりとも間違えることはあります。そのときに、メンバーや部下に謙虚に誠実に謝れる人は、却ってその器の大きさで人を魅了します。逆に人間としての器の小さい人ほど、地位や立場からくるプライドや見栄で、ミスや失敗をしても素直に謝れません。ただそういう人は素直でない言動のために長くその地位や立場にいられなくなるので、松下さんが言われたように素直でないと損をするのは当人たちなのです。』

素直な人は学ぶ能力が概ね高いと言えます。その結果として能力が高くなり、人間的魅力が増します。さらに、嘘をつかない、裏表がないことも人間的魅力につながると私は思います。中小企業の創業社長は、自分が会社の事をすべてやってきたとのプライドがあるので、自分がやってきた過ちを素直に謝るという事をしにくいと思います。それに比べて、後継社長は既にあるものを受け継ぎ、自分ですべてやったという事が少ないので、謙虚に周囲の人に教えを乞い、誤りがあれば素直に謝ることが出来ると思います。それが出来ないと、後継社長は会社をおかしくしてしまうと思います。

おまけ
毎日新聞のサイトより
「自民党財務金融部会などによる合同会議は14日、量販店などによる酒類の過度な安売りの規制を強化するため、酒税法などの改正案を議員立法で今国会に提出する方針を承認した。安売り競争の激化で経営悪化に苦しんでいる「町の酒屋さん」を守る狙いだ。ただ、節約志向が高まる消費者や小売り大手からは反発の声も出ており、審議の行方が注目される。」 
量販店を大手段ボールメーカー、町の酒屋さんを独立系中小段ボールメーカーに読み替えてもそのまま通用します。こんな法案作ってくれませんか、自民党さん!! そうすれば中小段ボールメーカーもベアを実施できるのに…。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1518-dac4b98b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT