1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

段ボールメーカーと銀行と産廃業者


共通することは何でしょうか?おそらく、この3つの業界以外でも共通する業界は数多くあると思います。

答は安さです。
段ボール製品の差別化は難しく、ユーザーは一番安いメーカーから購入しようとします。
銀行からの借入。お金に色はありません。金利が一番低い銀行からお金を借りたくなります。
産廃業者。不要になったものを処分するのにお金がかかるとしたら、一番安い業者に頼もうとします。

しかし、安さだけ、低金利だけを売り物にしたら、その企業は早晩立ち行かなくなります。他社との差別化のために、自社の強みを磨かなければなりません。コーワの強みは何か?コスト競争や24時間操業では大手に絶対かないません。しかし、スピード、対応力、親密さ等では大手に負けない自負があります(顧客がどのように評価してくれるかが問題ですが…)。銀行も様々な提案をして、他行との差別化を図ります。産廃業者では、埼玉にある石坂産業という2代目女性社長が他社に先駆けた動きをして注目を浴びています。ここも、安値を売り物にはしていません。

顧客は、安さにはすぐ慣れてしまい、もっと安値を要求します。キリがありません。しかし、それ以外の要素、提案力、スピード、柔軟な対応、先を読む気配り、頻繁な面談(顔を頻繁に見せるのも立派な差別化になります)、正直さ等は価格に替えられない価値があると思います。私が金融業界勤務だった時代。セールスポイントは、スピード、うそをつかない、先を読む気配り、の3つでした。当たり前のことですが、競合相手を凌駕するレベルになれば立派な強み・差別化の要素になり、安さに打ち勝つことが出来ると思います。

おまけ
最近、寒暖の差が激しく体調を崩しやすいです。体調管理に気を付けましょう。
おまけ
昨日のテレビ番組で、段ボールを骨組みに使ってピザ釜を作っていました。段ボールは色々な用途に使えます。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1516-55ace08b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT