1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緊張


本日、入社式を迎える新社会人が多いことと思います。新人は何かする時に、緊張すると思います。ある人が話していたのが、人が緊張するのは自分の実力以上のことをしようとするから緊張する、ということでした。新入社員は、初めての会社という組織の中で、まだ全く経験のない仕事をする訳なので、実力云々は関係ないし、失敗は当然つきものなので、緊張せずに失敗を恐れないで頂きたいと思います。ただ、新人が妙になれなれしく、やたら落ち着いていたら可愛げがないかもしれませんが…。

入学試験を受ける、習い事の発表会に参加する、大きな受注が見込める仕事のプレゼンテーションをする、結婚披露宴で祝辞を述べる、陸上や水泳の競技会に出場する、クレームを出した釈明をする、等々の機会では多くの人が緊張します。しかし、入試に失敗したらどうしようと余計な心配をしても意味がありません。入試の場でそんなことを考えるようなら本当に落ちてしまいます。私は受験会場で他の受験生を見て、今日はカボチャが多いなと思うようにしました(笑)。普段練習(学習)した以上の実力を本番で発揮するというのはなかなかできません。従って、結果は二の次で普段の実力が発揮できれば最高と考えることによって緊張することを避けられると思います。練習で出来ない事を本番でもうまく出来ないのが普通です。従って、緊張しないためには、事前に練習と段取り組みと準備をキッチリやって、これだけやったのだから出来ないはずがない、絶対成功するという自信を持てるようにするだけだと思います。

弊社の営業マンで言えば、商談のクロージング、価格改定や増量の交渉、クレームの謝罪と改善対策の説明、雑談から相手の本音を引き出すなど様々なシチュエーションがあると思いますが、事前にどれだけ準備しておいたかが、1)緊張してうまく話せない、2)落ち着いて話せる、の分かれ道になると思います。事前準備が大事です。

おまけ
デール・カーネギーの言葉
「仕事が面白い『ふり』をすると、それだけで仕事が本当に面白くなるから妙だ。疲れをあまり感じなくなるし、緊張も解け、心配も和らぐ。」

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1508-d5cf5ba4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT