1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年度末

今日で一般的な会計年度が終わります。弊社は12月決算なので、新年度の3か月間が早くも終わります。。
明日4月1日、新入社員が街にあふれます。弊社も1名入社します。3月1日に新卒採用活動が正式に始まりました(裏では既にインターン制度などで内定が出ていると報道されますが…)。街にフレッシュなスーツ姿の新人社会人があふれます。昔の自分(若く、髪の毛はたっぷりあり、肌もつやつやで、肩こりも少なかった時代です)をちょっとだけ想い出す時があります(笑)。

私がキヤノンで勤務した時代。販売・利益予算を四半期ごとに見直すことがルールとなっていました。1-3月期の販売実績を基に4-6月の販売予算を見直し、同時に6-12月期も見直しました。当然6月が終わる時には、7-12月期の予算の見直しをしました。当時、複写機の生産計画を変更できるのは3か月先の生産予定だったので、販売が悪ければ在庫が増えて生産を減らしたいと思っても、3か月先でしか調整できませんでした。

経営者は1年から5年先を、取締役は1年以上先を、部長は半年から1年先を見て、課長は3か月先を見るべきという考え方があります。しかし、明日の為替や株価が分らないのに、1年先や3年先などを正確に見通すことは不可能です。しかし、3か月先ならある程度の見通しを立てることはできます。これからの3か月(四半期)を見通す癖を付けて、先を見て仕事を行っていくようにすると、目先のことで慌てることはなくなります。仕事だけでなく、日常生活でも早め早めに手を打っておくことが肝心です。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1507-7be62fef

PREV | PAGE-SELECT | NEXT