1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

取引先への訪問

ビジネスで商談を進めるには取引先に訪問します。その際に、注意すべき点を列挙します:
( )内は私のコメントです。

●アポイントを取る時には電話で取るのが基本(知り合いだとメールでやってしまいますが、キチンとした商談をするのならやはり電話が望ましい)
●要件、訪問者数を伝え、相手の都合の良い日時を複数挙げてもらい、予定を決める(ピンポイントで決められると、自分の都合と会わない場合があるので、複数もらうようにしています)
●訪問時は、約束の5分前迄には必ず到着する(車の場合は、道や首都高速の込み具合を確認し、余裕をもって出発する)
●約束の時間に遅れそうな場合は、約束の時間より前に電話連絡をする(携帯のない時代は大変でした)
●コートは建物の外で脱ぎ、部屋では椅子の背中にかける。面会終了後は、建物の外に出てから着用する。
●バッグは足元に置いておく
●手土産を持参する場合は、紙袋から出して手渡す(袋のまま渡してしまう事が多い)
●相手が来たら、立って挨拶を行い、時間をもらったことのお礼を述べる
●携帯はマナーモードにしておくか、電源を切っておく(意外とバイブレーターの振動音が気になります)
●時間は腕時計もしくは室内の時計でさりげなく確認する。携帯での確認はしない。
●面会を終えるタイミングは訪問者が切り出す。内容にもよるが、最長1時間と考えておきたい。
●面談時は、会社の全社員を代表して交渉していると考え、ため口などは絶対つかない
●「でも、しかし」といった否定から入る言葉の乱用は避ける

おまけ
大塚家具。27日金曜日の株主総会。結果はどちらに。しかし、今回限りで終わらず、毎年お家騒動が続きそうです。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1502-c5354b2c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT