1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NISAと投資信託


昨年から始まったNISAという仕組み。ここでは細かく書きませんが、年間100万円までの投資(株式、債券、投資信託などの金融商品に投資すること)から生まれた利益には課税されない仕組みです。通常では、100万円の投資が120万円に増えてすべて売却し20万円の利益が出ると、2割4万円が税金として持っていかれ16万円の利益となってしまいますが、NISAでは20万円そのものが利益となります。しかし、これまで株式投資をしたことがない人がいきなり株式投資をするというのは二の足を踏んでしまいます。そこで、千円からでも購入できる投資信託を始める人が増えています。投資信託は、大勢の投資家のお金を集めてまとめて株式や債券に投資し、その損益を持ち数に応じて分け合うという仕組みです。しかし、銀行や証券会社に投資信託を買いたいと行くと、金融機関にとっておいしい客になる可能性があります。そこで、以下の点に注意してほしいと思います。

●金融機関が勧める商品があなたにとって最適とは限りません。金融機関が販売時に受け取る販売手数料というのがあって、高いものでは3%になります。1万円購入しても、9,700円しか投資には使われません。また、その期間中に売らなければならない金額(ノルマ)があって、販売員はノルマを達成するためにその商品を勧めます、たとえそれがあなたが望まないハイリスクの商品であっても…。あなたが投資信託を購入する目的(将来何に使うか、リスクを出来るだけ抑えたいのかリスクを取っても高いリターンを狙いたいのか)を明確に伝えて、どのような商品を販売員が勧めるか試してみる。一つの商品しか勧めない場合は、ノルマの対象となっている可能性があります。
●なぜ、投資信託の基準価格が上がるのか下がるのか判りにくい商品を買わない。自分が理解できない商品を買わない。今の投資信託は、複雑な仕組みになっていて、コストが高いうえに、販売員も理解できていない商品が数多くあります。私は株式市場や債券市場に連動するインデックスファンドしか買いません。
●一度に多額の投資を行わない。50万円を一度に投資するよりは、10万円を5回、5万円を10回、2万円を25回、1万円を50回、5千円を100回といったように時間を分散して購入する。もし高値の時に50万円を一度に投資すると、その後値下がりした時に辛い思いをするので、1週間に1回5万円購入するのを10週間続けるといった方法で時間分散する。
●元本割れするリスクがなく、リターンが高い金融商品は存在しません。リスクが高いから(これは確実)リターンが高くなる可能性が高い(同様に値下がりする可能性も高い)。銀行の定期預金のようにリスクがほとんどなければリターン(利率0.03%前後)は低い。
●投資信託には、購入時に支払う販売手数料(0%~3%)と毎日かかる信託報酬(高いものは2%超)という経費があります。ネット証券の多くは、販売手数料ゼロで低い信託報酬(年0.5%前後)の投資信託を販売しています。販売手数料が高く信託報酬が高い投資信託は、金融機関は必ず儲かりますが、個人投資家はその分は必ず損をします。経費の低い投資信託を選びましょう。
●ロシアに投資する商品、エネルギー会社に限定してに投資する商品、といった集中投資の商品は避けたほうがよいでしょう。株式、債券、不動産投資信託といった動きが異なる資産に投資し、かつ通貨も日本円、米ドル、ユーロ、豪ドルなど分散投資する投資信託(販売手数料ゼロで信託報酬も低い)をお勧めします。これをバランス型投資信託と呼びます。私はこの投信と海外先進国の株式に投資すインデックス型投信の2本を毎日少額ずつ購入しています。

ネット証券であれば千円から購入できる商品が数多くあります。その中から、少額でまず購入してみて自分に向いているか様子を見てみましょう。それから投資額を増やしていくのが良いでしょう。投資をすると、経済、企業、金融、技術、新製品、流行等に対する関心が高まり頭の活性化に有効です。また、金融の仕組みを勉強すると、怪しい儲け話を避ける知恵を身に付けることが出来ます。絶対儲かる投資があったら、私は誰にも教えずに自分だけで投資します。それを他人のあなたに売り込む営業マンは怪しく、その営業マンが絶対儲かり、あなたが必ず損をします。

おまけ
20年前の今日、地下鉄サリン事件が起きました。当時、日比谷線の八丁堀駅近くで働いていた私は、人形町駅で電車がストップしタクシーで会社まで行ったところ、口にハンカチを当てた多くの人が地下鉄から出てくるのを見ました。もう20年経過しました。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時30分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

僕も印刷所が八丁堀駅近くだったのであの光景が目に焼き付いています。数本違えば乗り合わせていました。

| (山) | 2015/03/20 08:46 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1500-d5067db2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT